So-net無料ブログ作成

「ガメラ 大怪獣空中決戦」 [映画(邦画)]

表題の作品は1995年の作品であり、所謂「平成ガメラ」シリーズの第1作である。また、英語のタイトルは「GAMERA: THE GUARDIAN OF THE UNIVERSE」と付けられている。この作品が先日WOWOWで放送されたのだが、その時に一つ気づいたことがあるので、取り上げることにした。(そのことは後ろの方に記しておきます。)よって、作品については簡単に済ませる。

まずは映画データから。1965年の「大怪獣ガメラ」から始まり、1980年の「宇宙怪獣ガメラ」まで 全8作あるガメラが15年ぶりに復活した作品である。時間は95分。監督は金子修介、脚本は伊藤和典、撮影は戸澤潤一、特撮監督は樋口真嗣、音楽は大谷幸、出演は、藤谷文子、小野寺昭、中山忍、伊原剛志、本田博太郎、螢雪次朗、長谷川初範、本郷功次郎、久保明、渡辺裕之、松尾貴史、袴田吉彦、夏木ゆたか、石井トミコ、渡辺哲、風吹ジュン、たちである。また、スーツアクターは、ガメラが真鍋尚晃と鈴木潤、ギャオスが亀山ゆうみである。(当時、女性がギャオスということが話題になりました。)

これまでの怪獣映画とは一線を画した設定で、「もしも現実の日本に怪獣が現れたら」(「必殺仕切人」のサブタイトルみたいですが...)という視点に立って、リアルな描写で新時代の怪獣映画となった作品である。

プルトニウム運搬船が謎の漂流岩礁と遭遇。また、五島列島の姫神島では住民との連絡が不通になった。調査に向かった鳥類学者・長峰はそこでの鳥類の姿を目撃する。環境庁(現在は環境省になりましたが...)は鳥の捕獲を決定し、福岡ドーム(現在はヤフードームと言いますね)を使ったほか草苦戦が始まるが、そこに謎の漂流岩礁が現れ、巨大な怪獣が現れた... 鳥は古代の生物兵器・ギャオス、怪獣はギャオスを倒すための守護獣ガメラだった...

本作については色々と語られていて、評判も良かったことから続編が制作され、「平成ガメラ」は三部作となったのは皆さんもご存知の通りであるので、一応ここまでとする。

今回、WOWOWの放送を見たのは、久しぶりに見るのもいいだろう、ということで、どちらかというと流す感じで見ようと思ったのだが、そこに新たな発見をした。で、ここから先はそれについて記す。

何を発見したのかというと、エンドロールの出演者の中に「佐藤二朗」という名前を発見したのである。「佐藤二朗」、そう、この名前は、劇団ちからわざを主催していて、「ケータイ刑事」でもお馴染みであり、最近では色々とTVドラマへの出演も多く、先日(5/12)の「恋する日曜日・3rd.19話」の「アダルトな恋」では脚本と主演を務め、ジロー・ワールド全開で「恋日」を完全にジャックしたあのジローさんである。(プロフィールを見たら「ガメラ」に出演ということは記されていても、どの「ガメラ」なのかが分からなかっただけに、今回、こうしてその「ガメラ」が特定できたと言うことは大きな収穫です。)

ということなので、ジローさんは何処に出ていたのだろうか?と思って、改めて見直すことにしたのだが、都合3回見たが、まだ発見することは出来ていません。

エンドロールの中に、大勢の名前の中に入っていたということなので、どれだけ出番があったのか、そして台詞はあったのか、ということも分かりませんが、台詞はあっても悲鳴で、ギャオスに食われた人だとか、街を逃げ惑う人の一人とかかもしれないし、或いは自衛隊の隊員の一人かもしれないし、画面に映っていてもチラッとだけかもしれないし...(地上波での放送ではなく、WOWOWなので本編カットが無いだけに、何処かに出ているということだけは言えるのが救いです。)

これからは、ストーリーを追うのではなく、ジローさんをじっくりと捜してみようかと思いますが、果たして発見することは出来るのでしょうか?(もしも、何処に出ていたかご存知の方がおられれば、コメントの方に書き込んでいただければ幸いです。)

それにしても、ここのところ(6代目「銭形海」の発表以降)は「銭形ファミリー」に関係する話題がやけに集中している(芽以さんの「夏雲あがれ」、早織ちゃんの「舞妓Haaaaan!!!」、真希ちゃんの「エル・ポポラッチ」の一挙放送(京都ローカルでしたが...)、夏帆ポンの「天然コケッコー」と出演作品が続々という状況ですが、あおいさんの結婚まで飛び込んでくるのですから...)のだが、銭形ーズ6人衆に限らず、銭形ファミリーのみななが活躍しているということで、「ケータイ刑事」は「新人女優の登竜門」ではなく、「関係者みんなの登竜門」だということですね。

※流石にこの記事のカテゴリーは「ケータイ刑事」にしませんでしたが、半分は「ケータイ刑事」にしてもおかしくない...(笑

 

ガメラ 大怪獣空中決戦

ガメラ 大怪獣空中決戦

  • 出版社/メーカー: 大映
  • 発売日: 2001/02/21
  • メディア: DVD

↓ジローさん出演作品をいくつか(「ケー刑事」は除く)

サバイブ

サバイブ

  • 出版社/メーカー: フルメディア
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD

EGG

EGG

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2005/08/26
  • メディア: DVD

加藤家へいらっしゃい ! ~名古屋嬢っ~ DVD-BOX

加藤家へいらっしゃい ! ~名古屋嬢っ~ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2005/03/25
  • メディア: DVD
さよならみどりちゃん

さよならみどりちゃん

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/02/24
  • メディア: DVD

模倣犯

模倣犯

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2002/12/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「LE GITAN」 [映画(洋画)]

表題の作品は、1975年のフランス映画「ル・ジタン」である。アラン・ドロンが主演だけでなく製作も担当して好演し、獄中経験のあるジョゼ・ジョヴァンニ監督の生み出したフィルム・ノワールである。(ある意味では、フランス製の任侠映画ということもできるかもしれません。)また、現在でも大なり小なりの偏見を持った目で見られるジプシーの男を主人公にしているが、ヨーロッパにおける差別のことを少し学んでおくと、本作の世界がより広がります。

映画データを記しておくと、製作はレイモン・ダノンとアラン・ドロン、原作、監督、脚本の3役を務めたのがジョゼ・ジョヴァンニで、撮影はジャン・ジャック・タルベ、音楽はクロード・ボランである。そして出演は、アラン・ドロン、ポール・ムーリス、アニー・ジラルド、レナート・サルヴァトーリ、マルセル・ボズフィ、たちである。

ユーゴ・セナール、彼は「ジタン」という通り名で呼ばれる暗黒街に生きる一匹狼である。彼はジプシーの血を受け継いでいて、幼い時から言われ無き差別を受け続けてきた男である。3年前に仲間を虐待したある村の村長を殺害したことで刑務所に入っていた彼は、刑務所内で知り合った銀行強盗犯のジョーと共に脱獄し、銀行強盗を重ねていた。一方警察には、ジタンを追う老刑事がいた。また、そこに暗黒街の大物ヤンが絡んでくる。ということで、ジタンと老刑事の対決を描いている物語である。

二枚目俳優として知られているA.ドロンであるが、社会に徹底して反逆する一匹狼を見事に演じきっているが、実に渋いです。そして、少し陰のある男を演じさせたら実に上手いです。また、本作のラストであるが、哀愁味のある終わり方も実に素晴らしく、ググッと惹きつけられます。

フィルム・ノワールを代表する本作は、犯罪ものというジャンルの作品を見るのであれば必見の作品である。(それにしても、最近のこのジャンルの作品は、派手さはあっても渋さが無いので、ちょっとうんざりしてきます。)ハードボイルドなものを求められる方にもお薦めです。

 

ル・ジタン

ル・ジタン

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 2001/12/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「全部見せます!エル・ポポラッチ」 [ドラマ]

NHK京都放送局がやってくれました。話題の1分ドラマ「エル・ポポラッチがゆく!!」の一挙放送を!!このドラマは、1話1分、番組表にも載らない、前代未聞のゲリラ放送、ということで、NHKらしくない作品である。(ということで、見たくてもなかなか見ることが出来ない作品である。)それが、全18話+エルポポ体操を放送してくれたのですから、これはお宝ものです。

物語は、謎の覆面レスラー「エル・ポポラッチ」と、彼を取り巻く(一癖も二癖もある)人々との交流を描いたシュールなものである。(ドラマでもあり、NHKの宣伝でもある。)

そんな番組であるが、実は豪華な顔ぶれが出演している。尚、エル・ポポラッチは俳優名非公表ということになっているが、古○○太さんじゃあないのかなぁ?他の出演者は、鈴木京香、鹿賀丈史、的場浩司、しずちゃん(南海キャンディーズ)、温水洋一、町田マリー、小栗旬、中越典子、武蔵、堀北真希、小日向文世、長州小力、保積ぺぺ。(1話1分ですから、みんながみんな、全部に出ている訳ではありません。)鈴木京香さんは出ている本数が多いですが、中には1本だけという人もいます。(真希ちゃんは2本に出ている。)

ちなみに、全18話のサブタイトルを記しておくと、1話から順番に「ある橋にて」「リングにて命名式」「お米屋さんにて」「街角にて」「小料理屋にて」「土手の上で」「兵藤ジムにて」「夏祭りの後で」「ラーメン屋さんにて」「この街の秘密」「リングサイドにて」「ペットショップにて」「ラーメン屋さんにて」「ケーキ屋さんにて」「小料理屋にて」「電気屋さんにて」「634の屋台にて」「バーガー屋さんにて」である。尚、「小料理屋にて」は5話と15話、「ラーメン屋さんにて」は9話と13話で同じサブタイトルが付いているが、別物である。(真希ちゃんが出ているのは11話の「リングサイドにて」と14話の「ケーキ屋さんにて」である。)

どの物語も実にナンセンスなものであるのだが、ユルユルの不思議なメロディに乗って「イー・エル・ピー・ピー、ポポラッチ~」と流れてくると、体の力が抜けて脱力感を喰らうのだが、シュールな展開が面白く、その世界に引き込まれてしまいます。(これには、BS-iの丹羽Pも「やられた!」と言ってしまうのではないでしょうか。)

シュールな物語ということでは、'90'sに放送されていた「不思議コメディ・シリーズ」(その中でも、「ポワトリン」から「シュシュトリアン」)や現在放送されている(まもなく終了しますが)「パンシャーヌ」が挙げられるが、それらよりも一段とシュールです。また、「スパイ道」(「スパイ道2」も含む)や「佐藤四姉妹」のような所もあり、摩訶不思議な世界を築き上げている。(→ハマったらとことんハマってしまいます。)

また、NHK京都の放送では、この全18話にパパイヤ鈴木の振り付けによる「エルポポ体操」も一緒にON AIRされました。(真希ちゃん、チラッと出ていました。)

放送時間は25分で、19分が「エルポポ」関係で、その他の部分は、南海キャンディーズの二人のトークと、NHKの受信料の「家族割引」の宣伝でした。

尚、本作がDVD化されて発売になったばかり(未放映のものも収録されている。)なので、興味を持たれた方、または、一度以上ON AIRを見たが全話見ていない方は購入してしまってもいいのでは...(本編の約3倍の時間の特典映像がたまりません!!)

 

1min.ドラマ「エル・ポポラッチがゆく!!」

1min.ドラマ「エル・ポポラッチがゆく!!」

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • 発売日: 2007/05/02
  • メディア: DVD

↓参考まで

美少女仮面ポワトリン VOL.1

全5巻

美少女仮面ポワトリン VOL.1

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: DVD
有言実行三姉妹シュシュトリアン VOL.1

全4巻

有言実行三姉妹シュシュトリアン VOL.1

  • 出版社/メーカー: 東映
  • 発売日: 2007/04/21
  • メディア: DVD
美少女戦麗舞パンシャーヌ~奥様はスーパーヒロイン~ VOL.01

全6巻の予定か?

美少女戦麗舞パンシャーヌ~奥様はスーパーヒロイン~ VOL.01

  • 出版社/メーカー: AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(D)
  • 発売日: 2007/08/29
  • メディア: DVD
佐藤四姉妹 白版

佐藤四姉妹 白版

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: DVD

佐藤四姉妹 赤版

佐藤四姉妹 赤版

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/09/21
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

STYX『PIECES OF EIGHT』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1978年に発表された彼らの8th.アルバムである。キャリアを重ねてきた彼らであるが、'80'sの声が近づいてきてから発表された次作「CORNERSTONE」からはサウンドに変化が見られたが、本作はこれまでの彼らの集大成といったように充実したアルバムとなり、かなりハードな所からたっぷりと聴かせてくれるバラードまでを一つのコンセプトの元に上手くまとめている。(この辺りはプログレ系の血を受け継いでいる彼ららしいところでもある。)で、当然のようにヒットを記録し、Billboardのアルバム・チャートでは最高位6位を記録すると共に、1979年の年間アルバム・チャートでは堂々の7位にランクインしている。

収録曲は以下の全10曲である。『Great White Hope』『I'm O.K.』『Sing For The Day』『Message』『Lords Of The Ring』『Blue Collar Man』『Queen Of Spades』『Renegade』『Pieces Of Eight』『Aku Aku』。

この中からは、『Renegade』がシングル・ヒットを記録していて、Billboardのシングル・チャートでは最高位16位、1979年の年間シングル・チャートでは67位にランクインしている。

本アルバムからの筆者のお薦め曲は、『Great White Hope』『Blue Collar Man』『Pieces Of Eight』である。その他の曲も全てお薦めであるが、ピックアップした3曲は一枚も二枚も格が違っている。いきなり本作の世界に引き込んでくれるパワフルでエネルギッシュな所に圧倒されると、続く『I'm O.K.』では既に彼らの世界にどっぷりと浸かっていることになるが、これも1曲目の『Great White Hope』が素晴らしいからである。そして『Blue Collar Man』は彼らの代表曲の一つであり、'70'sの彼らを代表する曲でもある。そして、アルバム・タイトル・ナンバーでもある『Pieces Of Eight』の世界は感動ものであり、スケールの大きな一曲である。が、それ以外の全ての曲も出来は良く、本アルバムには捨て曲というものは存在しない。冒頭から最後まで、充実した内容のあるサウンドをたっぷりと聴かせてくれる。

ジャケットの方も、CDの小さなものではその迫力が今ひとつ伝わってこないが、LPの31.5cm角のジャケットでは、実に存在感があり、部屋のインテリアとしても十分通用するものである。(部屋を暗くして、懐中電灯で照らせば、一瞬だが「背後霊」ではないかと思ってしまうこともありました...)→CDの時代になって、ジャケットのインテリア性というものがすっかり無くなってしまったのが残念な所である。(技術の進歩で音質の向上、操作性の向上は実現したが、文化の面では後退したということも出来るのですが...)

この後、'80's前半の間、彼らはTOTO、JOURNEY、FOREIGNERらと共に、第一線にいるメジャー・バンドとして活躍して大ヒットアルバムを発表することになるが、本アルバムも彼らの発表したアルバムの中では傑作の一つであり、しっかりと聴いてもらいたいところである。

 

Pieces of Eight

Pieces of Eight

  • アーティスト: Styx
  • 出版社/メーカー: A&M
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。