So-net無料ブログ作成

THE FRENCH LIEUTENANT'S WOMAN(SOUNDTRACK) [音楽(サントラ)]

表題の作品は、1981年のイギリス映画の「フランス軍中尉の女」である。この作品は、イギリスの作家であるジョン・ファウルズの原作小説の映画化作品であり、劇中劇(映画の撮影という設定)と現実の世界の女と男の愛の物語を二重構造としたものであり、いずれの世界でも不倫関係にあるという所が面白い設定である。劇中の映画の物語は事態設定が19世紀の中頃という設定となっているため、所謂コスチューム・プレイが見られるが、現代(1980年)の物語ということで、よく見ていないと頭がこんがらがってきます...

映画データを記しておくと、製作はレオン・クロア、監督はカレル・ライス、原作はジョン・ファウルズ、脚本はハロルド・ピンター、撮影はフレディ・フランシス、音楽はカール・デイヴィスである。そして出演は、メリル・ストリープ、ジェレミー・アイアンズ、リンジー・バクスター、ピーター・ヴォーン、リズ・スミス、ペイシェンス・コリアー、ジョン・バレット、レオ・マッカーン、リチャード・グリフィス、リチャード・ホープ、デヴィッド・ワーナー、アラン・アームストロング、ペネロープ・ウィルトン、たちである。

物語は、1980年、イギリスのある田舎町で映画「フランス軍中尉の女」という作品の撮影が始まっていた。主演はアメリカ人女優のアンナとイギリス人の若手男優のマイクである。映画の舞台は19世紀の中期のビクトリア朝時代で、恋愛ドラマである。そのストーリーは、フランス軍の中尉と愛しあいながらも捨てられて、周囲からは娼婦呼ばわりをされる女と、彼女の婚約者である若い考古学者の愛を描いている。で、この作品の撮影が進んでいくが、主演のアンナとマイクの二人も映画のストーリーと同様に進展していくが、二人とも不倫関係であった...

音楽の方は、19世紀の雰囲気を巧みに表現したものと、メロドラマにはピッタリのものとが混じっていて、これがなかなかのものである。で、サントラ盤の収録曲は以下の全13曲である。『Sarah's Walk』『Proposal』『Period Research』『Her Story』『Decision Taken』『Towards Love』『Location Lunch』『Together』『Domestic Scene』『Resurrection』『House In Windmere』『End Of Shoot Party』『Happy Ending』。

本作は二重構造の作品になっていると言うことで、ちょっとややこしい所があるものの、そこは名優・メリル・ストリープですから、安心してみていることが出来る。また、綺麗な風景、華麗なビクトリア朝時代の装飾品など、見所はたくさんある。音楽と共に映画をしっかりと堪能しましょう。

 

The French Lieutenant's Woman

  • アーティスト: Original Soundtrack
  • 出版社/メーカー: DRG
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD

↓映画DVDはこちら

フランス軍中尉の女 [MGMライオン・キャンペーン]

フランス軍中尉の女 [MGMライオン・キャンペーン]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/01/19
  • メディア: DVD

フランス軍中尉の女

フランス軍中尉の女

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2004/08/02
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「眠狂四郎」(その7) [映画(邦画)]

今回で「眠狂四郎」は最後となる。今回は、市川雷蔵の死後、松方弘樹を眠狂四郎に起用して製作されたシリーズについてです。(シリーズと言っても、2作品で幕を下ろすことになりましたが... →やはり、雷蔵のはまり役だっただけに...)これで鶴田浩二の3本、雷蔵の12本と合わせて全17本の映画は終わりである。この後、「眠狂四郎」はTVドラマ化されるなどていて、根強い人気のあるキャラクターとして時々お目にかかることもあります。

まずは、松方・狂四郎の第1作眠狂四郎 円月殺法
作品データを記すと、1969年の大映京都の作品で、時間は82分である。原作は柴田錬三郎、監督は森一生、脚本は高田宏治と高橋稔の2人、撮影は武田千吉郎、音楽は小杉太一郎である。そして出演は、松方弘樹、佐藤友美、梓英子、中原早苗、長谷川待子、成田三樹夫、川津祐介、たちである。

雷蔵最後の作品の公開は1969年1月であったが、本作は1969年の10月、雷蔵の死後3ヶ月であった。松方弘樹が眠狂四郎を演じ、一応は大映のシリーズ第13作という扱いになっている。

ふとしたことから、徳川家慶主従の刃に追われる娘・志津を助けた狂四郎は、将軍の世継ぎをめぐる争いに巻き込まれてしまう。陰謀の裏には世継ぎ・家慶になりすました双子の弟と、その黒幕の大目付の陰謀があった...

そして、シリーズ最終作となった「眠狂四郎 卍斬り
作品データを記すと、1969年の大映京都の作品で、12月に公開された。また、時間は88分である。原作は柴田錬三郎、監督は池広一夫、脚本は依田義賢、撮影は武田千吉郎、音楽は渡辺岳夫である。そして出演は、松方弘樹、南美川洋子、松岡きっこ、田村正和、笠原玲子、しめぎしがこ、御影京子、たちである。(本作で混血の刺客を演じた田村正和は後のTVドラマ化された時に狂四郎を演じることになったが、こういう所は面白いところでもある。)

狂四郎は、岸和田藩家老の内藤主水から主君寵愛の女・理江を殺すよう頼まれるが、このことから狂四郎は老中の座をめぐる岸和田、薩摩両藩の争いに巻き込まれるが...

松方が演じる眠狂四郎は、前任者・市川雷蔵と比べられると、どうしても色気の面が不足して... と必ず言われてしまうが、ちょっと尻すぼみのような感じでシリーズに幕が下ろされたのはちょっと残念な所である。

が、前任者の雷蔵・眠狂四郎があまりにもはまり役だっただけに、彼の死後、僅か3ヶ月後に公開されたというのは、偉大な前任者のイメージを払拭するにはあまりにも時間がなさ過ぎた。それでなくても偉大な前任者の人気シリーズを受け継ぐとなると、嫌でも比較されてしまうだけに、これは製作サイドにもう少し考えるべきだったのではないだろうか。ということで、今回の2作品は、冷遇されている作品でもある。が、「眠狂四郎」シリーズを見るからにはしっかりとチェックとしておきたい作品である。

 

↓本作はDVD化されていません。

眠狂四郎・円月殺法

  • 出版社/メーカー: 大映
  • 発売日: 1991/03/08
  • メディア: ビデオ

眠狂四郎・卍斬り

  • 出版社/メーカー: 大映
  • 発売日: 1991/03/08
  • メディア: ビデオ
↓やっぱり「眠狂四郎」は雷蔵と言うことになってしまいます...
眠狂四郎全集・巻之壱

眠狂四郎全集・巻之壱

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2003/02/21
  • メディア: DVD
眠狂四郎全集・巻之弐

眠狂四郎全集・巻之弐

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2003/03/21
  • メディア: DVD
眠狂四郎全集・巻之参

眠狂四郎全集・巻之参

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2003/04/25
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「L' ETUDIANTE」 [映画(洋画)]

表題の作品は1988年のフランス映画の「スチューデント」である。「ラ・ブーム」のソフィー・マルソーが女子大生に扮し、切ない恋心を抱く若い女性を演じたラブ・ロマンスである。また「女子大生版『ラ・ブーム』」とも言われる本作であるが、「ラ・ブーム」のビックが成長して女子大生になっての物語という雰囲気がある作品でもある。(全く関係ない作品ですが...)

作品データを記しておくと、製作はアラン・ポワレ、監督はクロード・ピノトー、脚本はダニエル・トンプソンとクロード・ピノトーの2人、撮影はイヴ・ロダレック、音楽はウラディミール・コスマである。そして出演は、ソフィー・マルソー、ヴァンサン・ランドン、エリザベート・ヴィタリ、ジャン・クロード・ルゲイ、エレナ・ポンペイ、ブリジット・シャマラン、たちである。

女子大生のヴァランティーヌ。彼女は教授資格試験のために猛勉強の日々を過ごしていた。そんな中、息抜きのために訪れたスキー場でヴァランティーヌは音楽家・エドゥアールと知り合う。忙しい生活を送っているヴァランティーヌだったが、次第に彼に惹かれていくようになるが、ある日、彼には才子がいることを知ってしまい...

恋人と衝突品柄しながらも、お互いを受け入れて変わっていく姿は、背伸びをしていない等身大の姿であって、とても共感できるところであり、ソフィーも大人になったと言うことを感じさせてくれる。とにかく、本作はソフィーが輝くように撮られているということで、ソフィーの魅力が満載の作品でもある。(ソフィーの動く写真集と言ってもいいでしょうね。)

ただ、当時のソフィーは「ラ・ブーム」の後、作品にも恵まれず、精神的にも参っていた時期でもあった。ただ、作品の中ではそういう所は一切見せておらず、後にフランスを代表する大女優に成長するだけの器を持っていたということも垣間見られる。

それにしても、本作の日本での扱いはあまりにも酷すぎる。というのは、本作のソフトに関してだが、タイトルに「ヘア無修正版」という文言が入っているのである。しかも、「エロスコレクション」という言葉も使っているのだから、それを見たら誰もがポルノ映画だと思ってしまいます。(確かに「芸術」か「猥褻」か?と言う論争は映画の世界にはあるが、本作はそこまでの描写は無いのだし、どうしてそういう扱いを受けることになるのか、理解できません。→見たら分かります。)

外野の声(ソフィーの魅力に対する反発か?)は無視して、しっかりと見てもらいたい作品である。(バカな宣伝文句に乗せられて、そちらを期待すると、空振りします。)

 

スチューデント ヘア無修正版

スチューデント ヘア無修正版

  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2005/01/21
  • メディア: DVD

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ケータイ刑事」と「007」の驚くべき類似点(その3) [ケータイ刑事]

今回は、初代から6代目の「007」と「ケータイ刑事」それぞれについて、簡単に特徴を記し、類似点を記していく。(当然、順番は「初代」からです。が、それぞれが結構長くなったので、今回は「初代」と「2代目」ということにしました。→「3代目」以降は次回ということで...)

初代」:007はショーン・コネリー、ケー刑事は銭形愛

コネリー・ボンドの作品は全6作。(「ドクター・ノオ」「ロシアより愛を込めて」「ゴールドフィンガー」「サンダーボール作戦」「007は二度死ぬ」「ダイヤモンドは永遠に」)初代ボンドとして、原作小説のキャラを膨らませ、男の臭いを漂わせる野生の魅力を持ったボンド像を確立した。そしてシリーズの基礎を築き上げると共に、世界的な人気を獲得。このジャンルを一気に変えて、数多くの後追い/亜流作品を生み出すことにもなった。(だが、本シリーズを越えるような作品は生まれていない。)それだけ彼が確立したボンドというキャラクターは魅力的なものであった。(未だに「ボンド=コネリー」という声は多い。)また、第3作に登場した車(アストン・マーチン)はボンド・カーとして高い人気を誇っていて、ボンド・カーと言えばアストン・マーチンというように、後のシリーズでも登場している。(当然、他の車の登場もありますし、モデルは作品製作時のモデルになっています。)

銭形愛、本家の長女(青リボン)。全26話、相棒は五代巡査部長。これまでに全くない新しい刑事像を確立させ、人気を獲得。シリーズの基礎を築き上げた。演出も非常に凝ったものが多数見られ、普通はTV作品では監督を務めないような大物監督に「やりたい」と言わせる魅力あるシリーズにした立役者である。また、本作からは、多摩川ドイルという後のシリーズにも再登場するキャラクターが生まれているが、これは特筆できる所である。また、13話の1シーン・ノーカットはTV史に残る傑作となった。また、愛ちゃん愛用のマウンテン・バイクは以後の作品でも登場し、ケータイ刑事の乗り物と言えばマウンテン・バイクということになった。(色やモデルの変更はありますが...)

類似点」は、これまでも同じようなジャンルの作品はあったが、今までにはない魅力を加え、これまでのこのジャンルにはない作品として新たなスタイルを確立し、共にシリーズの基礎を確立させたこと、そして人気を獲得したことである。また、「007」シリーズはは、今でこそ大金をつぎ込んで製作されているが、初期作品は必ずしも資金の点では豊かだったとは言えない。(低予算作品ということもできず、それなりの予算を組んでの作品である。)が、「ケータイ刑事」は低予算作品である。制作費の点から数多くの制約がある中で、アイデアで傑作を生み出したというのも特筆されるべき点である。(これは金をつぎ込めばいい、という番組製作姿勢に一石を投じることにもなった。)そして、独特の「乗り物」を有しているという所である。

尚、コネリー・ボンドは2代目の後に(1作だけ)復帰したが、愛ちゃんは復帰していない、という大きな相違点も(当然ですが)ありますし、その他、相違点が多数あるのも言うまではありませんが...

2代目」:007はジョージ・レイゼンビー、ケー刑事は銭形舞

レイゼンビー・ボンド作品は「女王陛下の007」の1作のみ。前任者(初代)が降板したことで、モデルであり演技経験の無かったレイゼンビーがボンドに抜擢されて2代目を襲名した。公開当時は前任者と比較されて、作品世界が小さくなったことを筆頭に酷評されたが、後に再評価されることになり、現在では高く評価されるようになった。また、物語の中でボンドが本気で恋をして唯一結婚するということで、異色の作品でもある。(その分、原作小説に最も忠実な作品となった。)初代の男臭い雰囲気はなかったが、キレのあるアクションを見せてくれた。

銭形舞、本家の三女(赤リボン)。全13話(真希ちゃんが高校受験ということもあって、1クールで終了した。)、相棒は五代巡査部長。前作の世界観を受け継ぎながらも、呆けた天然ぽい要素を持っていて、コミカルな所が出るようになり、仙台が構築したものとは違った「ケー刑事・ワールド」を生み出した。が、第2作の宿命で、前作と比較されると、必ずスケールダウンしたというを言われ、評価を下げるということがあった。(が、今までにない魅力的な所がしっかりとあったことから、酷評というまでのものではなかった。)演じた真希ちゃんが大きくブレークしたことで、直ぐに再評価されることにもなった。また、「結婚」と言うことでも、シリーズ作品の中で唯一話が出てきていて、舞ちゃんは鑑識・柴田からプロポーズされている。(回答は「ごめんなさい」という即答でしたが...)

類似点」は、これは(人気を獲得した)シリーズの第2作の宿命であるが、前任者の功績が大きいだけに、良い所があっても(程度の差はあれ)前作と同じように評価されずに不遇な目に遭っているということである。「007」はもうボロクソに酷評されて「失敗作」という烙印まで押されている。「銭形舞」も、新たな魅力があったにもかかわらず、評価の方は今ひとつ低いものであった。が、評価が低いままで終わらないのが普通の作品ではない所であって、両者共に並みではない作品という所を見せくれて、再評価(「銭形舞」に関しては、再評価と言うほどの時間経過はなかったですが...)されていて、現在では共に評判が良くなっている。

尚、大きな相違点は、2代目ボンドは1作のみであったが、2代目ケータイ刑事の舞ちゃんは、この後の劇場版(「M1」)に登場しているということで、(形の上では)復帰していると言うことが出来る。(3代目、4代目と共に登場しているが、これは歴代が別キャラである「ケータイ刑事」だからこそ出来ることであり、「007」は同一キャラであるため、歴代が同時に登場するというのは絶対にあり得ないことですが...)

それでは「3代目」に、と思ったが、ここまででそれなりの量になったので、今回はここまでということにして、「3代目」からは次回ということにします。(当初は全3回ぐらいのつもりでしたが、この調子だと5~6回にはなりそうです...)

 

 

007 ショーン・コネリーBONDセット スペシャルBOX付

007 ショーン・コネリーBONDセット スペシャルBOX付

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/01/12
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形愛 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2003/05/22
  • メディア: DVD
007/ ショーン・コネリー as ジェームズ・ボンド 12インチ フィギュア

007/ ショーン・コネリー as ジェームズ・ボンド 12インチ フィギュア

  • 出版社/メーカー: 豆魚雷
  • メディア: おもちゃ&ホビー
James Bond 12 Inch - Thunderball : James Bond

James Bond 12 Inch - Thunderball : James Bond

  • 出版社/メーカー: サイドショウ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

007はコネリーの番号―ジェームズ・ボンドはやっぱりこの人!!

  • 作者: 御伽夜 与一
  • 出版社/メーカー: 開運堂
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 新書

ショーン・コネリー―007を退治した男

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 芳賀書店
  • 発売日: 2000
  • メディア: -
 
007 女王陛下の007 アルティメット・エディション

007 女王陛下の007 アルティメット・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

ケータイ刑事 銭形舞 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • 発売日: 2004/04/23
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 ~銭形姉妹への挑戦状 プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/08/25
  • メディア: DVD
 
ケータイ刑事マニアルBOOK

ケータイ刑事マニアルBOOK

  • 作者: 宮崎 あおい, 堀北 真希, 黒川 芽以, 夏帆
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本
ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 銭形姉妹への挑戦状 オフィシャルガイドブック

ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密 銭形姉妹への挑戦状 オフィシャルガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。