So-net無料ブログ作成

「金玉満堂/THE CHINESE FEAST」 [映画(洋画)]

表題の作品は1995年の香港映画「金玉満堂 決戦!炎の料理人」である。「君さえいれば 金枝玉葉」の主演コンビであるレスリー・チャンアニタ・ユンのコンビで贈るグルメ・エンタテイメントである。また、日本の某テレビの料理エンタテイメント番組を意識して製作されたものであって、料理対決を行うコメディ作品である。(2006年第四四半期のドラマ「鉄板少女アカネ!」はこの作品を意識しているような感じがしますね...)とにかく、コック姿のアニタが可愛い!

映画データを記しておくと、1995年の香港映画で、時間は106分ということで、香港映画としたら少し長めの作品ということになる。(90分前後が標準的な香港作品で、100分を越えたら長いことになります。)製作は「香港のスピルバーグ」と言われるツイ・ハークとレイモンド・ウォン、監督はツイ・ハーク、脚本はツイ・ハークとチェン・チュンタイとン・マーファイの3人、撮影はピーター・パウ、音楽はローウェル・ローである。(ツイ・ハークは制作、監督、脚本の3役です。)そして出演は、レスリー・チャン、アニタ・ユン、ケニー・ビー、ジャウ・ウェンジュオ、ロー・ガーイン、ニー・シューチュン、ション・シンシン、ウィン・ツァオ、たちである。

物語は、名のあるレストランに勝負を挑んでは乗っ取り、自社チェーンに加えることをしている料理の超人集団。新たな標的となったのは名門「満漢楼」であり、いつものように勝負を挑んできた。が、「満漢楼」では、名料理人であり、オーナーでもあるオウが倒れ、料理人たちも逃げ出していて、勝負どころではなかった。で、オウの娘・ガーウェイと、料理人見習いのサンが立ち向かうことになる。このままでは勝負にならないと考えた二人は、かつて中国一の料理人として知られるキットを助っ人に迎えようとして、彼を捜しはじめた。やっとの事でキットを捜し出した二人だったが、キットはアル中だった...

香港特有のギャグが満載であるが、そんな中でも本作には、山口百恵のファンであるレスリー・チャンが彼女の出演作品のパロディをやっている所があり、この部分には注目です。(本筋とは関係ない展開に走っていますが...)また、アニタも可愛く元気に演じていて、こういうアニタもまた良いものです。

尚、本作に「料理」のことを色々と求めるのは誤りである。料理対決というのがクライマックスになっているが、そこを楽しむ作品ではありません。そこに向かうまでの紆余曲折のハチャメチャな展開を楽しむ作品なのである。と言っても、カンフー・アクション作品のような派手なアクションもない。ということで、香港作品としたらおとなしい感じがするが、芸達者なレスチー・チャンとあまりにも可愛いアニタ・ユンを楽しむ作品であるので、そこを楽しみましょう。「アニタの手料理」なら一度は食べてみたいと思いますが、本作のガーウェイとサン、キットの作る料理だったら遠慮しておきます、というようなことを考えながら鑑賞しましょう。

 

金玉満堂~決戦!炎の料理人

金玉満堂~決戦!炎の料理人

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2003/03/21
  • メディア: DVD

↓こちらも如何?

張国栄 レスリー・チャン―永遠にあなたを忘れない

張国栄 レスリー・チャン―永遠にあなたを忘れない

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: TOKIMEKIパブリッシング
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本

レスリー・チャン Last Scene

レスリー・チャン Last Scene

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアックス
  • 発売日: 2004/04/01
  • メディア: 大型本

レスリー―レスリー・チャンのすべて

レスリー―レスリー・チャンのすべて

  • 作者: 清永 安雄
  • 出版社/メーカー: 産業編集センターメディア事業部
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: 大型本

↓参考まで

鉄板少女アカネ!! DVD-BOX

鉄板少女アカネ!! DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/03/23
  • メディア: DVD

鉄板少女アカネ 1 (1)

  • 作者: 青木 健生
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2005/12/28
  • メディア: コミック

鉄板少女アカネ!! 奇跡の鉄板編

  • 作者: 青木 健生
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: コミック


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

BEN-HUR: A TALE OF THE CHRIST(SOUNDTRACK) [音楽(サントラ)]

表題の作品は1959年の映画「ベン・ハー」である。この作品は史上最多のアカデミー賞11部門受賞という金字塔ということで、誰でも本作の名前ぐらいはご存知でしょう。また、実際に見ていなくても、映画史に残る戦車競技のシーンのハイライトはご存知でしょう。ということなので、映画については多くを語る必要は無いでしょう。(それ以上に充実したサントラ盤を堪能してもらいたい所である。)

一応映画データを記しておくと、原作はルー・ウォーレス、製作はサム・ジンバリスト、監督はウィリアム・ワイラー、脚本はカール・タンバーグ、撮影はロバート・L・サーティース、音楽はミクロス・ローザが担当した。またも第二班の監督として、後にマカロニ・ウエスタンで有名になるセルジオ・レオーネが参加している。そして出演は、チャールトン・ヘストン、ジャック・ホーキンス、ヒュー・グリフィス、スティーヴン・ボイド、ハイヤ・ハラリート、マーサ・スコット、キャシー・オドネル、サム・ジャッフェ、フィンレイ・カリー、フランク・スリング、テレンス・ロングドン、アンドレ・モレル、マリナ・ベルティ、ジュリアーノ・ジェンマたちである。

物語の方は、ベン・ハーを通してローマ帝国の圧政、キリストの最期などを描いた一大スペクタクル大作であり、戦車競技のシーンはあまりにも有名である。また、アカデミー賞を11部門に渡って獲得していて、この記録は未だに破られていない。

そんな超大作である本作だが、名作のサントラ盤にアウトテイクや別バージョンを追加収録した豪華版が次々とリリースされる中、当然の如くリリースされている。通常盤のでは全33曲の収録であったが、本盤では全88曲という大量の曲が2枚のDISCに分けて収録されていて、約4時間という超大作の映画の音楽としても、量だけでなく質の方までも、その大作の名に遜色なく、たっぷりと聴かせてくれる。

DISC 1には以下の43曲が収録されている。『Overture』『Anno Domini』『Star Of Bethlehem [Extended Version]』『Adoration Of The Magi [Extended Version]』『Shofar Call』『Prelude (Main Title)』『Marcia Romana [Extended Version]』『Spirit And Sword』『Friendship [Extended Version]』『House Of Hur [Extended Version]』『Conflict』『Esther』『Unknown Future [Outtake]』『Love Theme』『Ring For Freedom』『Salute For Gratus [Extended Version]』『Gratus' Entry Into Jerusalem』『Arrest [Outtake]』『Reminiscences』『Revenge [Outtake]』『Condemned [Outtake]』『Escape [Outtake]』『Vengeance』『Prison [Partial Outtake]』『Desert [Extended Version]』『Exhaustion [Extended Version]』『Prince Of Peace, Part. 1 [Extended Version]』『Prince Of Peace, Part. 2 [Extended Version]』『Roman Galley』『Salute For Arrius [Extended Version]』『Quintus Arrives [Extended Version]』『Roman Fleet [Extended Version]』『Galley (Rowing Of The Galley Slaves), Part. 1-4』『Rest [Extended Version]』『Battle Preparations, Part. 1 & 2』『Pirate Fleet』『Attack! [Extended Version]』『Ramming Speed!』『Battle, Part. 1, 2 & 3』『Rescue』『Roman Sails』『Rowers』『Victory Parade, Part. 1 & 2』。

DISC 2には以下の全45曲が収録されている。『Fertility Dance』『Arrius' Party, Part. 1 & 2』『Nostalgia [Extended Version]』『Farewell To Rome [Extended Version]』『Judea, Part. 1 [Outtake]』『Judea, Part. 2』『Barren Coast [Outtake]』『Balthasar [Extended Version]』『Balthasar's World [Extended Version]』『Homecoming』『Memories [Extended Version]』『Hatred』『Lepers [Extended Version]』『Return [Extended Version]』『Promise』『Sorrow/Intermission』『Entr'acte』『Panem Et Circenses March (Bread And Circus)』『Circus Fanfares』『Panem Et Circenses March (Bread And Circus) (First Reprise)』『Fanfare For Circus Parade』『Circus Parade (Parade Of The Charioteers)』『Fanfare For Start Of Race』『Panem Et Circenses March (Bread And Circus) (Second Reprise)』『Victory March』『Bitter Triumph』『Aftermath, No. 1 [Extended Version]』『Valley Of Lepers』『Search』『Uncleans』『Road Of Sorrow』『Mount』『Sermon』『Frustration』『Valley Of The Dead [Extended Version]』『Tirzah Saved』『Procession To Calvary [Extended Version]』『Bearing Of The Cross [Extended Version]』『Recognition』『Aftermath, No. 2』『Golgotha』『Shadow Of A Storm [Outtake]』『Miracle』『Finale [Extended Choral Track]』『Star Of Bethlehem [Alternate Choral Track]』。

映画のスケールの大きさ、迫力は誰もが認めていることであるが、こうして本サントラ盤に耳を傾けると、今までのサントラ盤は何だったのか?と思ってしまう。その感覚は、劇場で見た映画が時間の関係で大幅にカットされて尺を合わせてTVで放送する映画のようなものである。(が、オリジナルのサントラ盤の方も、たっぷりと聴かせてくれていて、決してダイジェストのようなものではなく、充実したものである。)本サントラ盤を味わうと、従来のサントラ盤は陳腐なものにしか感じられなくなってしまう。本サントラ盤は、たっぷりと「ベン・ハー」の世界を堪能できるということで、映画の方とセット、じっくりと味わうのに相応しいものであり、どっぷりと本作の世界に浸りましょう。

 

Ben-Hur - A Tale Of The Christ: Original Motion Picture Soundtrack (1959 Version)

Ben-Hur - A Tale Of The Christ: Original Motion Picture Soundtrack (1959 Version)

  • アーティスト: Miklós Rózsa
  • 出版社/メーカー: Rhino/WEA
  • 発売日: 1996/04/23
  • メディア: CD

↓映画DVDはこちら

ベン・ハー 特別版(2枚組)

ベン・ハー 特別版(2枚組)

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD

ベン・ハー コレクターズ・エディション

ベン・ハー コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2005/11/25
  • メディア: DVD


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

帰ってきた時効警察#9[Final] [ドラマ]

早くも最終回。最近のドラマは1クールばっかりになっているが、それにしても全9話というのはなんとかならないものか。(1クール全13話とは言わないが、せめて全12話にはしてもらいたいところである。)全9話だったら評判が悪くて打ち切りになった作品のようなイメージが生じてしまうのも否めないところである。(確かに、中盤に中だるみがあり、それから立ち直れずに、尻すぼみということになってしまったので、「打ち切り」という印象も否定できないですが...)本作はそういうことには影響されない深夜枠の作品なんだから、もっとパワフルにやってもらいたかった所です。(未放送映像というのが気になりますが、今度はDVD-BOXは不要で、4話まであれば十分と言った感じですが...)

尚、第3シリーズをやるとしたら、中盤以降のパワーダウンをしっかりと分析して、挽回を図ってもらわないと意味がない。その反省がなかったら、今度は「昔の名前で出ています」という駄作に落ちぶれるだけですからね。そして、まがい間違ってもゴールデンに進出なんてことをやったら、制約が大きくなるため、その時点でもう終わりになっちゃうだけに、深夜枠ということを大いに活かしてもらいたいところである。(でも「只野仁」のようなエッセンスは本作には不要です。)その一つの策として、古厩智之監督や井口昇監督、三原光尋監督に監督をやってもらうというのは良い手かもしれない。(少し、外部の血を導入せよ、ということである。)いや、先日の「恋日・3rd. ~アダルトな恋」の堀英樹監督が適任かも。ただ、この作品は丹羽P作品じゃないから、ここで名前を挙げた監督たちは誰も引き受けないでしょうが...)という苦言を最初に記しておいて、本編に行きます。

今回は、小ネタの方も少し寒いものが多かったですね。「話がつまらない」と言うことをポイントにした以上、それに歩調を合わせようとして寒いネタを用意したと好意的に解釈しても、今ひとつになっちゃって、残念でした。(「空回り」というようなエネルギーも無かったですし...)が、九門竜に合わせるということにしたら、この方が良かったのかも... 「寒い」ということではちゃんと前座になっていましたからね...

今週の真加出。伯父である下ぶくれおじさんの家が空き家だ、と言ったことで一同は合宿のノリになったが、やっぱり銭形雷ですね、インターポールに派遣されているおじさんがいますし、その娘たち(従姉妹になります)もNASA、北海道、関西、九州ですから空き家になっているというのも理解できる。(ただ、おじさんの本宅ではなく別宅という感じですけど...)しかも、おじさんの家なのに、昔作ったものがあったということは、結構親密だったということで、親密な(年下の)従姉妹がちゃんといますからね。(こういうのも計算された仕込みですね。)それにしても、蚊取り線香をひよこの形に作りますかねぇ。燃えにくいだけじゃないですか。(いや、当時はそんなことまで理解できていなかったということか...)

今回の事件の方は、「話がつまらない」ということにマッチして、本当につまらない事件でした。ただ、被害者がマンホールに見事に填ったということから、熱賀しおりにはゴルフの才能があったりして...(そんなことないか...)

そんな中、熱賀しおりの家にあったコンポのアンプは、名器と言われたSONYのESシリーズのアンプではないですか。(度重なるマイナーチェンジのため、どのモデルかまでは分からなかったですが、777ES、555ES、333ESのいずれかですね。→音楽をやっている人間だったら、高いもの(上位機種)を購入する可能性が高いでしょうから、おそらく777でしょう。)

最後、馬に乗った霧山と三日月は映画「猿の惑星」のラストのつもりだったのでしょうね。(それならば、ネタとしたら不十分でしたけど...)そして最後のテロップネタは「セーラー服と機関銃」の歌詞でしたが、これを使うには、半年前ならばともかく、ちょっと時間が経過しすぎていない?

ということで、中盤で緩んだネジがそのままになってしまったのが残念でした。(本来ならば、スタッフ、キャストに「お疲れ様でした」と言うのだが、中盤以降のパワーダウンのため、「おつかれ」で十分かと...)→前半は期待以上であったが、中盤以降は期待はずれでした。

 

↓やっと発売になりましたが、放送は「終了」って...?

帰ってきた時効警察オフィシャル本

帰ってきた時効警察オフィシャル本

  • 作者: オダギリジョー, 麻生 久美子, 三木 聡, ケラリーノ・サンドロヴィッチ, 園子 温, 麻生 学, 安見 悟朗, 豊原 功補, 岩松 了
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2007/06/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

帰ってきた時効警察

  • 作者: 三木 聡
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/06/08
  • メディア: 単行本

↓前作

時効警察 DVD-BOX

時効警察 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/06/23
  • メディア: DVD

↓やっぱりこれらを...

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事  THE  MOV

ケータイ刑事 THE MOVIE2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/08/24
  • メディア: DVD

↓名前を挙げた監督たちの作品

さよならみどりちゃん

さよならみどりちゃん

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/02/24
  • メディア: DVD

ロボコン

ロボコン

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2006/03/24
  • メディア: DVD

オッパイ星人

オッパイ星人

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2005/08/03
  • メディア: DVD

猫目小僧

猫目小僧

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2006/10/28
  • メディア: DVD

おいら女蛮

おいら女蛮

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: DVD

恋する幼虫

恋する幼虫

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2004/09/01
  • メディア: DVD

あしたは きっと…

あしたは きっと…

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2001/09/21
  • メディア: DVD

ミンティエンジェン

ミンティエンジェン

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: DVD

モリノキオク (小野真弓初主演)

モリノキオク (小野真弓初主演)

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/02/26
  • メディア: DVD

スキトモ

スキトモ

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: DVD

↓これもピックアップしておきます。

猿の惑星[スタジオ・クラシック・シリーズ]

猿の惑星[スタジオ・クラシック・シリーズ]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/05/02
  • メディア: DVD

猿の惑星 BOX SET

猿の惑星 BOX SET

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2001/09/21
  • メディア: DVD

セーラー服と機関銃

セーラー服と機関銃

  • アーティスト: 薬師丸ひろ子, 来生えつこ, 星勝, 小椋佳
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2006/12/06
  • メディア: CD

セーラー服と機関銃 (通常盤)

セーラー服と機関銃 (通常盤)

  • アーティスト: 星泉, 来生えつこ, 前嶋康明
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/10/25
  • メディア: CD


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

QUEEN『HOT SPACE』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1982年に発表されたアルバムであるが、発表から四半世紀が経過した現在でも賛否両論残っている曰くのあるアルバムである。発表当時は賛否両論ではなく、否の方ばかりで、酷評されたアルバムである。(少しずつ再評価されてきたものの、まだ否定的な意見が多いのは何とかならないものかとつくづく思う所である。)

これまでのQUEENのサウンドが大きく変わり、1st.シングルの『Body Language』を耳にして驚いたのだったが、ファンキーなエレクトリック・サウンドということで、本当にQUEENなの?と感じたのだが、フレディのボーカルを聴けば、やはりQUEENだと言うことは自ずと分かったものだった。が、このサウンドは受け入れられず、セールスの方はさっぱりであった。(シングルのヒット規模も小さいものだった。)が、クオリティは高く、もっと高く評価されるべき素晴らしい曲もしっかりとある。

収録曲は以下の全12曲である。(最期の1曲はリマスターされた時に追加されたボーナス・トラックである。)『Staying Power』『Dancer』『Back Chat』『Body Language』『Action This Day』『Put Out The Fire』『Life Is Real (Song For Lennon)』『Calling All Girls』『Palabras De Amor (The Words Of Love)』『Cool Cat』『Under Pressure』『Body Language [Remix]』。

本アルバムからの筆者のお薦め曲は、JOHN LENNONに捧げた『Life Is Real (Song For Lennon)』とDAVID BOWIEとの共演となった『Under Pressure』、メロディアスなメロディを餅スペイン語で歌われた『Palabras De Amor (The Words Of Love)』、そして彼らにしては非常に珍しいダンス・ナンバーである『Dancer』『Body Language』という所をピックアップする。特に筆者はこれらの中では『Under Pressure』に身震いを感じる。QUEENもBOWIEも、お互いを刺激し合って何段も高い所に到達しているベスト・チューンである。

収録曲は実にバラエティに富んでいて、おもちゃ箱をひっくり返したような構成になっていて、アルバムを通した統一感が無いが、こういう所がこれまでの彼らのアルバムとは違っていて、戸惑うことになったが、それでも彼らの力量はしっかりと発揮されている。

発表から四半世紀が経過した現在であれば、発表当時の評判を忘れて、頭を真っ白にして、改めて聴き直すこともできるが、当時とは全く違った評価が出来ると思うのですけどね~。(ということで、ベストとは言わないにしても、再評価されるべきアルバムである。)

 

Hot Space

Hot Space

  • アーティスト: Queen
  • 出版社/メーカー: Parlophone
  • 発売日: 1993/07/29
  • メディア: CD

↓ボーナス・トラックありはこちら

Hot Space

Hot Space

  • アーティスト: Queen
  • 出版社/メーカー: Hollywood
  • 発売日: 1991/03/05
  • メディア: CD


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。