So-net無料ブログ作成

「右門捕物帖」(その3) [映画(邦画)]

今回からは、戦前から本シリーズの主演を務めていた嵐寛寿郎主演で、12作が製作された戦後の嵐寛主演シリーズの第1作についてです。この作品は1949年9月に劇場公開されている。

嵐寛寿郎主演(戦後)シリーズ第1作右門捕物帖 謎の八十八夜
作品データを記しておくと、1949年のマキノ映画の作品で、時間は83分、白黒作品である。原作は佐々木味津三、監督は並木鏡太郎、脚本は八尋不二と鏡二郎の2人、撮影は杉山公平と広田晴巳の2人、美術は正司治、音楽は高橋半である。そして出演は、嵐寛寿郎、古川緑波、宮城千賀子、渡辺篤、沢村国太郎、オリエ津坂、月宮乙女、富本民平、大河三鈴、村田宏寿、尾上菊太郎、辻清子、水町乙女、嵐徳三郎、加賀邦男、たちである。

むっつり右門は、久はしぶりの保養のために、京の都へやってきた。敬四郎の姪・志津香の許婚の金三郎が、京の紙を買占める謎の人物のために資産を全て失い、結婚が破談になってしまう。志津香は彼を救うために、立ち上がる。そして右門に助力を乞うた。右門は力を貸して事件の謎に迫っていく。が、ある夜、敬四郎は、首に短冊をくくりつけられた姿で発見され、その短冊には「手を引け八十八」という文字があった。右門は更に調査を続けていき、疑わしい平戸屋に迫るが、平戸屋は、犯人ではないと言って本当のことを言おうとしたが、矢を打たれて死んでしまう。その矢にも「八十八」の文字があった。そして謎を追い、ようやく犯人を突き止めると、退治するが、全てを志津香の功績ということに与えたのだった。

戦後初の「右門捕物帖」である。次作からは新東宝の作品となるが、本作は同年のマキノ映画の最初の作品である。

定番のシリーズであるもののも舞台が京都ということで、ちょっと異色の作品となっている。尚、現在ではソフトに恵まれていないこともあって、ちょっと珍しい作品となっているのは残念な所ですが...

 

↓ソフトが無いので...

右門捕物帖

右門捕物帖

  • 作者: 石割 平
  • 出版社/メーカー: ワイズ出版
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 単行本

右門捕物帖 (1) (春陽文庫)

  • 作者: 佐々木 味津三
  • 出版社/メーカー: 春陽堂書店
  • 発売日: 1982/09
  • メディア: 文庫

佐々木味津三代表作選集〈第3巻〉右門捕物帖 (1952年)

  • 作者: 佐々木 味津三
  • 出版社/メーカー: 同光社磯部書房
  • 発売日: 1952
  • メディア: -

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。