So-net無料ブログ作成

フィリップス・ヘッドホンマラソン第3回 SHE9750 [ETC.(その他)]

3回目のモニターとして届いたものは「SHE9750」でした。このモデルはインナイヤー・タイプの欠点である「耳にフィットしない」という所を改善したモデルということで定評のあるものである。それは、耳に入れる部分にソフトジェルのパットが覆っているため、これが耳の形に応じて変形するため、耳の形の個人差を吸収することになり、問題点を解消したものである。

SHE9750_1.jpg  

また、ソフトジェルが変形して耳に収まるため、インナイヤー型を装着している時に首を振ったりしたら外れてしまうということがあるが、それも少なくなって、耳にしっかりと固定されている。→ジョギングをしながら音楽を聴くのには便利である。(但し、インナイヤー型を装着して表で行動する場合は、外の音が聞こえにくくなるのでとても危険であり、こういう使い方はしないのが良いのは言うまでもないですが...)

SHE9750_2.jpg 

独特の形状をしていることと、耳にしっかりと固定されるということで、耳への装着の再現性が確保出来ることになる。で、この高価として、一定の耳への装着が出来るため、安定した低音再生が出来ることになる。インナーイヤー型では同一装着の再現性という所に問題があったため、この高価は大きいのは言うまでもない。

尚、資料の中にいくらぐらいでの販売を想定しているのかという数字が記されていなかったが、一応5980円というのが想定価格のようですね。但し、家電量販店では4980円というように5000円を割ったところが一般的な価格になっているようであり、ネットでは4000円強から5000円強というのが多いですね。→インナイヤータイプの中では高級機ということになるが、前回のSHE9700よりも上位モデルとなる。(型番の数字からも分かりますけど...)。

カタログ・データを拾っておくと、周波数特性は5~23500Hz、出力音圧レベル103dB、コード長は1.3m(プラグから0.9mのところで左右が分岐していて、そこから先は0.4mである。)コードがY字型に分岐しているため、左右のコード長は同じである。そうなると、左右を間違える可能性があるが、これ2関しては全く問題がない。というのは、独特の形をしているため、左右を逆に装着しようとしても、上手く耳に入らないのである。よって、左右逆にと言うのは実質的に不可能である。尚、一応左のユニットには3つの点(点字のようなもの)が付いているが右にはそれが無いので、触っただけでも判別出来る。「L」と「R」と言う文字の大きさは小さいが、手で触っただけで左右が確認できるので、誤装着が実質的に出来ないため、これまでのモデルに見られた「L/R」の文字が小さくて見づらいという欠点は気にならない。


SHE9750_3.jpg

SHE9750_6.jpg 

端子は金メッキ、付属品として3種類のイヤーキャップと収納ケースが付いている。が、このケースははっきり言って、欠陥品と言ってもよい酷いものである。何せ、プラスチックの一体成型品であるため、開閉を繰り返していると、いずれはヒンジの部分が損傷して分裂してしまうのは明かである。更に、閉じた時は長方形に近い丸み(約85mm×60mmで、四隅を丸くしている。)を帯びたものであって、見た目は良いのだが、実用的には全く考えられていないものである。何せ、イヤーパットを中に入れ、ケーブルをその周囲に巻いていき、最後にプラグをまた中に入れるということをしなければならない。慣れれば簡単にいくが、慣れないと、最後のプラグが上手く中に入らないということが起こり、その度にいちいち巻き直さなければならなくなる。→設計欠陥であるとしか言いようがなく、酷いとしか言いようがない。

SHE9750_4.jpg  SHE9750_5.jpg

尚、全体の容器であるが、これは前回の「SHE9700」と同じもので、開閉自由のものになっている。尚、同じ容器を使用しているのは、共通化によるコスト低減のためでしょうね。

肝心の音についてであるが、やはり低域が出過ぎている様に感じる。傾向としては前回のSHE9700と同様である。ただ、多少クビを動かしても、または寝転がったりしても、耳への装着がしっかりとしていて特に変わらないので、安定した音が得られると言って良いが、逆に自由度が少ないことから、好みでなければ二度と使いたいとは思わない音である。(逆に、好みと一致すれば、長く使いたいものになる。)

低音が出ているだけに、高域に対してがやはり物足りなく感じられてしまうため、やはり音楽の種類によって、向きと不向きがあると言うことが言える。→普通のポップス系のものであれば、特に不満はないのでは、と思われる。しかし、ストリングスを中心としたものやピアノ曲の一部(例えば「ラ・カンパネラ」など)ではサウンドに艶が感じられず、カーテンの向こうで演奏しているという感じがする。(そういうサウンドには不向きである。)また、女性ボーカルでも高域に声量のあるシンガーのものはやはり今一つ冴が感じられなくなってしまうのも残念な所である。

ということで、やはりオールラウンドということは無理であって、音域の広い曲や、中高域を重要視しているものとの愛唱は酷いが、そうでないものであれば十分といった所である。

尚、耳への装着の問題についての対応としては、これは一つの回答となるが、耳への装着が安定したことで、ヘッドホンの持っている本来の音質が問われるレベルに辿り着いたのは進化したと言って良い。しかし、そのため、奏でるサウンドに対して好き嫌いがはっきり出てしまうことになるため、出来ることならば購入する際に視聴出来るようにしてくれたら、と思う所である。

尚、筆者としては、やは女性ボーカルやストリングス系のサウンドに不満があったため、水晶モデルとはならず、やはりハズレでした。(但し、SHE9700よりは良く、「優/良/可/不可」の中の「不可」であっても「可」に近い「不可」でした。)

評価(5点満点で、1点刻みの評価です。)をまとめると、梱包、容器について「4」、付属品について「3」、但し、収納ケースについては「2」、説明書は「2」、使い勝手「4」、音質「3」、信頼性「3」、値段「3」、デザインは好みがあるが「3」、ということにしておきます。で、総合判定は「3」ということで、音楽を楽しむことが可能なモデルである。但し、筆者にとっては高域不足の音が気に入らないので、総合評価はやはり「2」です。→ということで、価格としては1980円から2480円ぐらいの間だったら、まあ許せるかというところである。(量販店で5000円弱、ネットでも4000円強というのは高すぎる。)但し、好みのサウンドにマッチするという方がいれば、悪くないモデルである。(5000円ぐらいの価値はある、という人もいることでしょう。)

 

PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9750/98

PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9750/98

  • 出版社/メーカー: Philips
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。