So-net無料ブログ作成

フィリップス・ヘッドホンマラソン第1回 SHE3580シリーズ(SHE3584) [ETC.(その他)]

今回に参加することにしました。ということでレポートを記すが、全体的に辛口で記している。評価については5点満点で行っているが、「0.5」という中途半端な数字は用いないことにする。(これを用いると、実質的に10点満点での評価と変わらなくなり、5点満点での意味がくなるため。)また、最低は「1」、最高は「5」とする。

最初に届いたものは「SHE3584」であった。資料によると、SHE3580シリーズの一つであって、5色がラインナップされていて、下一桁の数字の違いとして型番になっているというものである。

また、小売参考価格は980円程度と記されていた。(安所は900円でお釣りがあるようですね。高い所は1000円では買えない。)所謂、ローエンド・モデルである。
SHE3584_0.jpg

カタログ・データを拾っておくと、周波数特性は12~23500Hz、出力音圧レベル102dBとあるが、インナイヤータイプであれば、耳に対する入れ方で下の方のf特は大きく変わることになり、また、上限の方も人間の耳の特性、及び再生機器のスペックから20kHzを越えるような数字は余り意味がない。(要するにf特は、デジタル時代の現在では余り意味を持たないものになっていると言うことである。)端子はごく普通のものでクロム・メッキ、ダイナミックドライバー口径は8.5mm、コード長は1.2m、質量は9.6g、付属品は3種類のイヤーキャップだけということで、これを収納するケースも附属していない。

また、左右対称であるため、左右どちらの耳にも入ってしまうため、「L」と「R」をチェックする必要がある。が、その文字が小さくて見づらいという欠点がある。

続いて「開封」をする。が、いきなり大きな問題に出くわし、これが欠陥商品であると認識することになった。というのは、容器が余りにも酷いのである。店頭陳列用としては悪くはないのだが、購入後、ユーザーが開封するということは全く考えられていない欠陥容器としか言いようが無い。透明樹脂の容器であるが、開封するには裏側にある指が入る切口からミシン目に沿って切り開くことになるのだが、ミシン目が途中までしか入っていないため、ミシン目のシュウタンまで切り開いても中身は取り出すことが出来ないのである。で、めくった樹脂をちぎろうとしても、それなりの厚さがあるのだちぎることが出来ず、ハサミかカッターナイフが必要になる。ということで、ユーザーのことを全く考えていない不親切な欠陥容器であった。(物を取り出した時点で、悪印象ばかりしか無いことに...)

 SHE3584_2.jpgSHE3584_1.jpg

音質はということになるが、最初にちょっとしたトラブルがあった。というのは、再生を始めたら、左右の音が混じり合ってしまい、差信号のような中域の無い変な音が聞こえたのである。こういうことは端子部の接触不良が原因ということが多いので、端子部を何度か触っていると、まともになった。(対処方法が分からないと、不良品と思ってクレームをということになるでしょうね。)

音の方は、安物にありがちなドンシャリ系であって、それなりに広域と低域は出ているが、中域にメリハリがなく、長時間聴いていると付かれる音である。特に、女性ボーカルではカーテンの向こうで歌っているように感じられてしまって、音が出ているだけと言ったら良い。

また、ロック系では低域が籠もってしまうこともあって、低域が出過ぎていて、バランスが悪すぎる。多少は耳への入れ方を工夫することで抑えられるが、実に使いづらい。

一方、以外と相性がよかったのはインスト系の音楽である。クラシック音楽は聴いていないが、サントラ盤のスコア集であれば、それなりに聴くことが出来る音であった。

ということで、評価をまとめると、梱包、容器について「1」、付属品について「1」、説明書は文字が小さく「1」、使い勝手「1」、音質「1」、信頼性「1」、値段「2」、デザインは好みがあるが「3」、ということにしておきます。で、総合判定は「1」、980円を想定しているというが、これでも暴利みたいなものであって、妥当な価格は100均ショップでの販売価格である100円でしょうね。(100円ならば外れても諦めが付きます。)

まあ、持っていたものが壊れてしまった場合など、出先でどうしても必要になった場合に、他にこれというものも無く、仕方なしに買うというのであれば別であるが、1000円近いお金を出して購入するような代物ではないですね。

初回がいきなりハズレという代物だったため、次回のものは今回よりも良い評価となるのが眼に見えているが、ダメなところはダメとして、辛口で記すことにします。(が、初回からハズレだったということで、フィリップスに対するイメージが三流というものになってしまっただけに...)

 

↓一応拾っておきますが...

PHILIPS Music colorsシリーズ インイヤーヘッドフォン パープル SHE3584/98

PHILIPS Music colorsシリーズ インイヤーヘッドフォン パープル SHE3584/98

  • 出版社/メーカー: Philips
  • メディア: エレクトロニクス


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。