So-net無料ブログ作成

「THE QUATERMASS EXPERIMENT」 [映画(洋画)]

表題の作品は1955年のイギリス映画「原子人間」である。この作品はイギリス・子こそが放送していたTVシリーズ「THE QUATERMASS」の映画化作品でもある。SF映画の世界にその名を刻み込んでいるハマー・プロダクション。そのハマー・プロダクションの存在を大いにアピールすることになり、この分野における大家になった作品である。現在のCGを使った特撮技術と比べると、特撮技術は確かに幼稚であって、クオリティは比べようもない。が、物語の構成といい、展開といい、実に斬新なものであり、当時の技術水準を考えたら、ハイグレードな作品である。(だからこそ、現在まで語り継がれる作品になったのである。)

作品データを記しておくと、原作はナイジェル・ニール、製作はアンソニー・ハインズ、監督はヴァル・ゲスト、脚本はリチャード・ローダンとヴァル・ゲストの2人、撮影はジョニー・ハーヴェイ、音楽はジェームズ・バーナードである。そして出演は、ブライアン・ドンレヴィ、リチャード・ワーズワース、デヴィッド・キングウッド、ジャック・ワーナー、マージア・ディーン、ゾーラ・ハード、ゴードン・ジャクソン、ジェーン・アッシャー、たちである。

物語は、有人飛行の探査ロケットが消息を絶っていたが、そのロケットが地球に帰還した。3人の乗員も2人は行方不明で、唯一生存していた1人も体に変調を来していた。実験の責任者の博士は早速ロケットを調べるが、未知の宇宙生命体がロケットを襲い、飛行士たちを吸収していたことが分かった。一方、生還した唯一人の宇宙飛行士は病院から抜け出して餌を求めて町に...

未知の宇宙生命体に取り憑かれ、地球にやってきた宇宙生命体が人々を襲い、それに立ち向かって対決する、という物語の作品は、後に数多く製作されるが、本作はその原点であり、このジャンルの古典となった。また、フランケンシュタインやドラキュラ、狼男などがモンスターとして描かれた作品はこれまでにもあったが、「宇宙人」をモンスターとして扱ったことが斬新なものであった。(そのおかげで「宇宙人」=「怪物/モンスター」というイメージが定着しました。→それを払拭したのが1982年の「E.T.」ですね。)

SF作品であるが、ミステリー・ホラーというような雰囲気で描かれているということで、後のSF映画を多数見ていると全く違うジャンルの作品と感じてしまうが、派手な秘密兵器やアクション、ドンパチを中心としていないということで、ドラマとしてもじっくりと堪能できる作品である。(カルト作品として根強い人気があることも分かります。)しかも、白黒作品ならではの恐怖を感じることが出来るが、これも本作の魅力である。

派手な特撮やアクションを売りにしたSF作品を見ている方にこそ、本作のようなSF作品を見てもらいたい所である。

 

原子人間

原子人間

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • 発売日: 2003/11/07
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。