So-net無料ブログ作成

Magiranger Stage41 [特撮]

「牙狼」に続いて、BGMは「ケータイ刑事」関係の『彼女の情景』と『泪の海(TVバージョン)』の交互というプログラム再生。「ケータイ刑事」はいずれの作品(愛、舞、泪、零)も面白いが、ジャンルが全く違う「マジレンジャー」も面白い。残りも少なくなってきたが、目が離せません。

今日は「クリスマス・イヴ」(これはあくまでも物語中でのこと)ということで、またも家族のイベント・「クリスマス仮装パーティ」という小津家。一年中イベントという気がします。その中でも、魁の天使のコスプレって、前回と前々回の芳香との入れ替わりの時のノリである。→セルフ・パロディで(掟破りで)「マジレンジャー」に捧ぐということにします。

スノウジェルから「赤い魔法使いから学ぶこと」と言われたヒカルは魁に「僕を君の生徒にしてくれないか」ということで、魁がヒカルの先生に。「魁先生」と言われて浮かれている魁は、忙しくなるクリスマスシーズンの時に手伝っている中学時代の同級生・茜のケーキ屋さんへ。しかし、棚が崩れて全てのケーキがつぶれて売り物にならなくなるというアクシデント。修復の魔法を使おうとする魁をヒカルは止める。で、魁は「急いで作り直しましょう」と前向き。更には「ダメ元でもやれるだけやろう」とまで。→リーダーでない先輩レッドもこういうキャラがいましたということで、そういう先輩レッドの「カクレンジャー」と「メガレンジャー」に捧ぐ。

以前、マルデヨーナ世界でマジシャインと対決したドレイクが街中に出現すると、六人は直ぐに現れる。(でも、魁とヒカルは茜のケーキ屋さんにいたのでは?)シャインは以前の経験から「ここは慎重にいかなければ」ということで攻撃出来ない。一方、小津兄妹は波状攻撃を仕掛けるが、全く通用しない。で、またもボロボロに... (ここの所、本当にボロボロになり続けていますねぇ~)

魁に対して否定的なヒカルは「今日はオレが先生で、アンタが生徒じゃなかったのか」という魁に対して「君から学ぶものは何もない」と口にする。で、スノウジェルが現れ、ここからはスノウジェルのワンマンショー。戦士の姿に変身すると、スピーディな動きでドレイクを圧倒する。(この姿、ガンバロンのようにも見える。)しかも、ライダー・キックまで見せてくれる。こんなに小気味の良いのは、戦隊では久しぶり。(何となく「牙狼」のアクションに通じます。)また、スノウジェルの小柄な姿は、第六の戦士・キバレンジャーを思い出させてくれるということで、「ダイレンジャー」に捧ぐ。

しかし、反撃に出たドレイクのパワーによって戦いが長引くと判断したスノウジェル(ブランクによって少しバテたようにも思いますが...)は魔法陣でドレイクを別世界に送る。しかし、ヒカルに対して「来るだけ無駄じゃ」と突き放す。ということで、今回の物語も次回の後編へと続きます。(残りの放送回数を考えたら、もの凄く密度の高い物語になることは明白です。放送回数、足りるのかしら...?)

 

↓(「牙狼」とは順番を入れ替えてみました。)↓

泪の海

泪の海(「ケータイ刑事 銭形泪」主題歌)

  • アーティスト: 黒川芽以, 丹羽多聞アンドリウ, 遠藤浩二, ASSASSIN, 古澤衛
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/04/20
  • メディア: CD


 

青い鳥が逃げた

青い鳥が逃げた/彼女の情景(「ケータイ刑事 銭形愛」主題歌)

  • アーティスト: オノ・アヤコ, コモリタミノル, 渡辺なつみ, 小野綾子
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2002/11/13
  • メディア: CD

 

 



共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。