So-net無料ブログ作成

大失態・高校生ドラフト [不祥事]

プロ野球の高校生ドラフトが行われた。どこのチームが誰の交渉権を獲得したかということが注目されるのだが、そんなことはどうでもいいような大失態が起こった。1巡目の指名で重複したために抽選となったのは3人いたが、その内の2人について、一度発表された結果が覆るという大失態が起こったのである。

要は、しっかりとした説明が行われなかったこと、抽選のくじに問題があったということ、発表するのにしっかりと確認しなかったこと、と言うように、運営サイドの問題である。今回のドラフトは、高校生に限ったものであり、こういう形のドラフトは初めてである。しかし、抽選というのは去年までのドラフトでも行われていたものであって、今回初めてということではない。一体何をしているのであろうか。

「プロ野球改革」という言葉は踊っているが、組織の方がこういうことでは何が出来るのであろうか?いや、それよりも、今年のドラフトは、もう何が何だかよく分からないシステムになっている。失態を演じることによって別のドラフトに移行させたいという思惑から行われた芝居なのか?(後者と解釈した方が面白いのだが...)

いずれにしても、もっと単純で分かりやすいシステムにしてもらわないと、「理解できない」ということで、ファンが離れていく要因になるとしか思えない...



共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。