So-net無料ブログ作成
検索選択

HOLLIES『STAY WITH THE HOLLIES』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1964年1月に発表された彼らの最初のアルバムである。'60'sから'70'sに数多くのヒット曲を放ったイギリスを代表するバンドの彼らであるが、50年という歳月が流れた記念すべきデビュー・アルバムである。本国イギリスでは最高位2位を記録する大ヒットになっている。

収録曲は、オリジナルのUK盤では全14曲である。(US盤は全12曲、カナダ盤は一部の曲がUK盤と異なる全14曲である。)UK盤の収録曲は以下の通りである。『I'm Talking About You』『Mr. Moonlight』『You Better Move On』『Lucille』『Baby Don't Cry』『Memphis』『Stay』『Rockin' Robin』『Watcha Gonna Do 'Bout It』『Do You Love Me』『It's Only Make Believe』『What Kind Of Girl Are You』『Little Lover』『Candy Man』。

この中からシングル・カットされたのは『Stay』である。(彼らにとっては3枚目のシングルということになり、MAURICE WILLIAMS AND THE ZODIACSの1960年のヒット曲のカヴァーである。)イギリスでは最高位8位、スウェーデンで最高位20位を記録している。

お薦め曲は、ヒット・シングルの『Stay』と、『I'm Talking About You』『Mr. Moonlight』『Lucille』『Memphis』『Do You Love Me』『It's Only Make Believe』という所をピックアップしておく。

収録曲は14曲であるが、曲の時間が短いこともあって、トータル時間は34分弱である。(2分に満たない曲もある。)現在の感覚からすると時間が短いと感じてしまうが、当時としたら珍しいことでもない。その分、現在では時代を感じられることになるであろう。

また、リリース50年を記念して、2013年12月にLimited Editionがリリースされることになっている。(現時点では未発売のため、まだ聴いていませんが...)UK盤のオリジナル全14曲については、モノラル・バージョンとステレオ・バージョンの両者が収録されることになっており、更にレア音源が追加収録されて全35曲の予定になっている。今であれば、そちらを楽しみにするという手もあるが、'60's(と'70's)のUKを代表するバンドのデビュー盤であるだけに、しっかりと聴いておきたい所である。半世紀という時間を越えてチェックしておきましょう!

 

Stay With the Hollies

Stay With the Hollies

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Import
  • 発売日: 1996/01/23
  • メディア: CD

ステイ・ウィズ・ザ・ホリーズ・プラス(紙ジャケット仕様)

ステイ・ウィズ・ザ・ホリーズ・プラス(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: CD

↓2013/12リリースの50周年盤(Limited Edition)はこちら

ステイ・ウィズ・ザ・ホリーズ(紙ジャケット&SHM-CD)

ステイ・ウィズ・ザ・ホリーズ(紙ジャケット&SHM-CD)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

続・青空文庫「三国志」完結 [本/電子書籍]

先日、「青空文庫」に、吉川英治の『三国志』が全て追加されたということを記した通りである。「三国志」は4日おきに追加されていたが、その後の4日ずつ後は小川未明の作品が追加されている。(説明の必要はないだろうが、「日本児童文学の父」と呼ばれている作家であるだけに、嶽でも子供の時に彼の作品と接していることでしょうね。)ということで、次の吉川英治作品はまだということになっている。「新・平家物語」と「新・水滸伝」、「梅里先生行状記」あたりを期待したいところであるが、「三国志」を読むのにある程度の時間が必要となるため、直ぐに次の作品を追加してくれない方が親切に感じるのも事実である。→実際、「三国志」を読む時間を考えると、次の吉川作品は来年になってからでも良いと思います。

または、吉川英治と同様に、去年いっぱいで著作権が消滅した柳田国男の作品で、現時点で追加されていない「遠野物語拾遺」(「遠野物語」の続き、ちなみに「遠野物語」は既に追加されていて、今年に入ってからDLして読みました。)あたりの追加をしてもらいたいところである。

とは言っても、それ以外にも読みたいと思う作品(まだ「青空文庫」に追加されていない作品)が多数あること、それ以上に、読みたいと思って「青空文庫」からDLしたものの、まだ読んでいない作品が多数ある(テキストファイルで100M以上(=5000万字以上、400字詰原稿用紙に換算すると12.5万枚以上→改行後のスペースがあることを考えると、実際の原稿にすると13.7万枚以上になるはず。)溜まっている。)

一応、現在は1日に1時間強は読書の時間を確保しているのだが、最低でもあと更に1時間は読書の時間が欲しいところである。ただ、本音を言うと、1日に10時間ぐらいの読書時間が欲しいところであるが、そうなると、ほかにやることを考えると、1日36時間は必要となってしまう…

「読書」と言うと、昔からの方法では、たくさん読むと(紙の)本が増えていくことになったが、筆者がここのところ読んでいるものは全て「青空文庫」からDLした作品であるため、全て電子化されたものである。(DLしたテキストファイルのまま読んでいるものと、一太郎を使ってEPUB変換してから読んでいるものとがある。)そのため、いくら読んでも物理的には増えない。(メモリの消費量が増えるが、テキストファイルであれば2Gのメモリカードでも有り余るサイズである。)この点では場所を取らないのでありがたい所である。

それにしても、手の指の爪ぐらいの大きさのmicroSDカード(筆者は4GのmicroSDHCを使っている。)に現在数千冊(満杯まで入れると5万冊以上入る計算となる。→32GのmicroSDHCカードにすると40万冊以上になる計算。)の本が入っていることになるが、これはこれで凄いことですね。何せ、1000冊の本となると、全て文庫本であってもかなりの量になり、重量も凄くなってしまいますし...

兎に角、読書をもっとしましょう!!(電子書籍だと、大量に読んでもかさばらない、重くならない、というのはありがたいところですし、「青空文庫」」を利用すれば、最新作は無いものの、無料ですし...)

 

↓いくつか(紙の本を)拾っておきます。いずれも著作権消滅となっているので、「青空文庫」だと無料になります。(一部作品は「青空文庫」にまだ追加されていないものもありますが…)

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫


新・平家物語 文庫 全16巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

新・平家物語 文庫 全16巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫



新・水滸伝(一) (吉川英治歴史時代文庫)

新・水滸伝(一) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/06/02
  • メディア: 文庫



遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 柳田 国男
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2004/05/26
  • メディア: 文庫



遠野物語 (新潮文庫)

遠野物語 (新潮文庫)

  • 作者: 柳田 国男
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1973/09
  • メディア: 文庫


小川未明童話集 (新潮文庫)

小川未明童話集 (新潮文庫)

  • 作者: 小川 未明
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1961/11/13
  • メディア: 文庫



小川未明童話集―心に残るロングセラー名作10話

小川未明童話集―心に残るロングセラー名作10話

  • 作者: 小川 未明
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2004/02
  • メディア: 単行本



小川未明童話集 (ハルキ文庫 お 16-1)

小川未明童話集 (ハルキ文庫 お 16-1)

  • 作者: 小川 未明
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

青空文庫「三国志」完結 [本/電子書籍]

昨日(10/19)に「青空文庫」に吉川英治の『三国志』の最後となる「篇外余録」が追加されたことで、「青空文庫」で吉川英治の『三国志』が全て公開されることになりました。

『三国志』はあまりにも有名な作品であるので、名前ぐらいは誰でも知っているでしょう。その中でも、吉川英治の小説版、橫山光輝の漫画版の2つは知っていて当然というほど有名である。(それ以外の人の作品も多々ありますが…)

筆者は、かなり昔に橫山光輝の漫画版を一部であるが読んでいる(全巻に至らず、半分手前で挫折し読破していないのですが…)のだが、その時に(吉川英治の)小説版があることも知ったので、いずれは読みたいと思っていた。が、これまで読まないままであった。特に「青空文庫」を利用するようになった最近5年ぐらいは、吉川英治が1962年に亡くなっているので、2012年末で著作権が消滅するため、「青空文庫」に追加されれば無料で読むことが出来るようになると思ったので、時が来るのを待っていた。(紙の本だと、中古本は別として、文庫本だと6000円はするし、電子書籍でも5000円、合本でも1000円弱である。それが「青空文庫」になると、12のファイルに別れている(テキスト・ファイルなので、自分で1つにまとめてしまうことも可能であるが、テキスト・ファイルで3Mを越えるというもの凄いことになってしまう…)が無料になるのは大きい。)

今年に入って、予想通り「青空文庫」に吉川英治作品が順次追加されていて、氏の大作の「私本太平記」「宮本武蔵」「鳴門秘帖」は追加されたが、「三国志」はまだだったが、9月になってようやく(順次)追加となり、やっと全てが揃ったのは嬉しいところである。(「新・平家物語」や「新書太閤記」、絶筆となった「新・水滸伝」など、まだ追加されていない作品も多いですが。)

早速、ダウンロードをしたが、現時点では最初の「三国志・序」にも着手していないが、今の忙しい状態が一段落する来月には読み始めたいと思っている。

それにしても、最近本を読むとなると、「青空文庫」からダウンロードした古い作品(極々一部を除いて、「青空文庫」は著作権が消滅した作家の作品が公開されているので、基本的に没後50年以上経過している作家の作品ということになる。)ばかりになっている。→最新の作品でも読みたいものはあるのは言うまでもないのだが、それ以上に昔の古い作品の方に読みたいものがありすぎる、ということなのである。

秋はまだまだなので、「読書の秋」ということにして、古い作品を読むというのもいいんじゃないですか。

尚、本年末で著作権が切れる作家(=1963年に亡くなった作家)は、来年になると順次「青空文庫」に追加されていくと予想される。それに該当する作家の名前を記しておくので、もしも今、そういう作家の作品が読みたくなっても、我慢すれば無料で読めるようになる可能性がありますよ。

1963年没(2014年からパブリック・ドメインになる)作家。
岡本良雄、中村地平、野村胡堂、久保田万太郎、橋本多佳子、長谷川伸、尾山篤二郎、山之口貘、十返肇、三枝博音、佐佐木信綱、大田洋子、宇井伯寿、鈴木虎雄、和田清、etc。

筆者としては、映像化されていて有名な「銭形平次捕物控」の野村胡堂、「沓掛時次郎」の長谷川伸が特に楽しみであるが、それ以外にも楽しみな人がいます。→そう考えたら、来年も新作として発表される作品を読む時間が無いということになりそうで…

※古い作品が殆どですが、名作がたくさんあります。「青空文庫」を利用しましょう!!

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫

三国志 全60巻完結セット (希望コミックス)

  • 作者: 横山 光輝
  • 出版社/メーカー: 潮出版社
  • 発売日: 2010/01
  • メディア: コミック



三国志全30巻漫画文庫 (潮漫画文庫)

三国志全30巻漫画文庫 (潮漫画文庫)

  • 作者: 横山 光輝
  • 出版社/メーカー: 潮出版社
  • 発売日: 2002/11/01
  • メディア: 文庫

文庫版三国志完結記念セット(全14巻)

文庫版三国志完結記念セット(全14巻)

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 文庫







ここから先は電子書籍版です。


三国志全一冊合本版 (吉川英治歴史時代文庫)

三国志全一冊合本版 (吉川英治歴史時代文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: Kindle版

三国志 完全版

三国志 完全版

  • 出版社/メーカー: ゴマブックス株式会社
  • メディア: Kindle版




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

HIPSWAY『SCRATCH THE SURFACE』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1989年に発表された彼らの2nd.アルバムであり、かつ、ラスト・アルバムである。(彼らは本アルバムを発表した1989年に解散している。)スコットランド出身のバンドで、'84年の結成(デビュー・アルバムは1986年に発表している。)からオシャレな所を持った新しい方向性のロックを探っていたが、結局はそれが花開くことは無かったのは残念なところである。しかし、英国では'60'sの時代から常に新しい試みが行われていて、それが世界的に大ブレイクすることもあっただけに、こういう試みは面白い所でもある。特に彼らは、'80'sのブリティッシュ・サウンドの大きな波には乗れ名かったものの、なかなか面白い試みを行っているだけに、こういうユニークなサウンドを堪能するのも面白い所である。

収録曲は以下の全11曲である。『Show Me』『Keepin' It Together』『Your Love』『Emerald』『I'm Not Perfect』『Handfuls Of Dust』『Something Special』『Wrong About That』『What Makes A Man Love A Woman So Bad?』『Scratch The Surface』『Solid Gone』。

この中からシングル・カットされたのは『Your Love』である。大きなヒットにはならなかったものの、本国イギリスでは最高位66位を記録している。(アメリカでは全く鳴かず飛ばずであった。)

お薦め曲は、シングル曲でもある『Your Love』、意欲作ということのできる『Show Me』と『Wrong About That』、そして約7分半という大作の『Scratch The Surface』をピックアップしておく。

サウンドはポップであって聴きやすいのだが、曲にこれという華となる様な派手なところ(=盛り上がるサビの部分と言ったら良いでしょうか...)が無く、アルバム全体が小さく纏まりすぎているのが残念である。(どこか一ヶ所で良いのだが、派手な所があれば、インパクトも出来ることに成、アルバムにアクセントも付いて良くなったでしょうに...)

とは言っても、着想点などは面白く、'80'sらしい試みと言うことは出来る。(全てが成功して大ヒットする訳ではないということでもある。)ただ、'80'sの試みとしては、少し遅すぎたということですかね... まあ、こういうブリティッシュ・サウンドもあるよ、ということで宜しいかと...(本アルバムは、ちょっと入手しにくい(一応、1997年にCD化されたが、以後再発されない状態が現在まで続いている。→特にヒットすることも無く、現在まで再評価されることもないだけに、こうなるのは当然と言えば当然ですが...)ということもあるだけに、ちょっと変わったものという視点で捉えても良いかというアルバムの一つでもある。)

 

 

Scratch the surface

Scratch the surface

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Import
  • メディア: CD




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

電子書籍リーダー端末の新製品 [本/電子書籍]

電子書籍リーダー端末の新製品として、アマゾンからKindle Paperwhiteの新型と、SONYからReaderの新製品が発表された。(楽天のkoboも、おそらく発表されるものと思うが、koboは、以前に問い合わせを行った際の対応が余りにも酷かったため、一切相手にしない。→端末を例え無料にすると言われても、相手にしない。)

アマゾンの方の新モデルは、端末のメモリ容量が2倍になったことが大きなところで、価格も先代よりも上昇している。一方、SONYの方は解像度がアップしたことが特徴となっていて、価格は先代モデルの発売時と同じである。(但し、先代モデルには附属していたタッチペンと簡易ケースが無くなった。)

細かい所では、それぞれチューンナップされていて、改良が行われているであろうが、アマゾンの方は見た目では(先代と)区別が付かない。SONYのはデザインが微妙に変わっているので、見たら区別が付く。(が、大きく変わったという感じはない。)

去年(2012年)は、各社から(規格の異なる)電子書籍端末が次々と発売されたことで市場が注目されたが、普及が加速したということもなかった。一方、端末の方は、これまであまり馴染みの無かった電子インクを使ったディスプレイを使用していることで注目されたが、端末自体は既に成熟製品のような感じで、市場黎明期に見られるような特徴を主張するようなモデルがないのが残念なところである。

が、これは裏を帰せば、単機能(=読書)に絞った機能を果たせばよいとなると、似たり寄ったりのものになってしまうのは、これまで世の中に登場した商品を見れば分かる所である。(例えば、文房具などのように単機能なものを見れば、デザインを除くとどれも同じようなものである。)

電子書籍端末が普及しないことの一つとして、タブレットやスマホなどでも電子書籍を読むことは可能であるため、専用端末は不要という意見がある。確かにそれも一理あるが、タブレットは電池の消耗が大きく、スマホは(画面が)小さすぎて読みにくい。また、図鑑や写真集、ガイドブックなどはともかく、小説を読むのにはカラー画面は不要であり、液晶画面を長時間見ていると目が疲れるが、電子インクの専用端末では目の疲れが少なく、省電力であるというメリットもある。また、大きさは新書本のサイズに近く、(紙の)本の様に開く必要が無く、片手で持つことが出来るので、通勤電車の中でも使いやすい。

ところで、青空文庫の方で、先日から吉川英治の『三国志』が(順次)追加されるようになったが、これまでの吉川作品が3日に1作のペースだったのが、『三国志』は4日に1作のペースト成っている。(全部で12に分けられることになり、9/29に過半数を超える7つ目が追加された。→このペースだと、10月19日までかかることになるのでしょうか???)

この『三国志』であるが、講談社文庫では全8巻となっているが、電子版(Kindle、kobo)では「全一冊合本版」というものがある。(Readerストアには無かったですね。)全8巻を全て購入するよりもはるかに安い950円(8巻全ての電子版は5500円弱となる。)である。紙の本では、全8巻を1つにするとなると、とんでもない厚さになり、1冊の本としてはとんでもないことになるため、複数に別れているのだが、電子版だと、ファイルサイズが大きくなるものの、物理的には(メモリの物理的なサイズは変わらないため)全く同じである。ということから、「一作品一ファイル」ということが簡単に実現されることになり、管理しやすくなる。(価格も安くなるというメリットも出る。)

しかし、吉川英治は1962年没なので、今年(2013年)の元旦からは著作権が消滅したため、パブリックドメインとなった。そのため、青空文庫から入手すれば無料で入手出来る。(テキストファイルダウンロードすることになる。)

青空文庫では、『三国志』は全部で12のファイルに別れているが、ダウンロードしたテキストファイルを自分で繋げて1つにしてしまえば、「合本版」も簡単に作成出来てしまう。(但し、本日10/1 時点では、まだ全てのファイルが追加されていないので、「合本版」は完成しませんが...)で、合本処理したものを(自分で)E-PUB変換すれば、電子版・合本が出来てしまう。で、それを外部メモリ・カードにコピーし、SONYのReader端末に入れてやれば、Readerストアに『三国志』の合本が無くても、同等品を無料で入手出来る。よって、合本版がストアに無いことがマイナスにはならないのである。→「青空文庫」とE-PUB変換を行えば良く、この方が「青空文庫」に追加されたばかりの作品も直ぐに電子書籍端末で読書が可能になる。(Kindleやkoboでは、「青空文庫」の無料作品を追加するのにタイムラグが生じるが、自分でE-PUBファイルを作成してしまえば、それよりも早く入手可能である。)

書籍は、日々新しい作品が発表されているが、著作権が消滅した作品に目をやると、色々と面白い作品があるだけに、自分で工夫して読むものを選びましょう。で、そのためには、外部メモリと(普通の)E-PUBファイルを利用できるSONYのReaderは使いやすい電子書籍端末である。(Kindleやkoboも「E-PUB対応」と言っているが、これらはそれぞれの専用のE-PUBファイルとなるため、汎用ファイルのE-PUBファイルではないので、使いにくいと言うことになりますよ。)

それにしても、メーカーは、もっと使い方をもっと提案すべきですね。そうすれば、もっと利用範囲も広がるのに...(ちなみに筆者は、自分で書いた小説もE-PUB化しています。)

 

↓新モデルです。

ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ブラック PRS-T3S/B

ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ブラック PRS-T3S/B

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Personal Computers


ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ホワイト PRS-T3S/W

ソニー 電子書籍リーダー Reader 6型 Wi-Fiモデル ホワイト PRS-T3S/W

  • 出版社/メーカー: ソニー(SONY)
  • メディア: Personal Computers



 

↓新モデルではないですが...

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ホワイト PRS-T2/WC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ホワイト PRS-T2/WC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス


↓吉川英治の『三国志』です。(紙/電子版 があるので、注意されたし)

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: 文庫


三国志全一冊合本版 (吉川英治歴史時代文庫)

三国志全一冊合本版 (吉川英治歴史時代文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: Kindle版


三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/04/11
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。