So-net無料ブログ作成

おしらせ [ETC.(その他)]

多忙につき、来月は更新頻度を再び下げる(週一を目標にできたらば...)ことにします。

ご覧の皆様、良いお年を。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

入浴のお供に [本/電子書籍]

blank_page 冬の寒い時期は、お風呂でたっぷりと暖まる、ということをよくやります。(40゜Cぐらいのやや温めだと、長時間入るのにもピッタリですね。)しかし、ただ長風呂をというのでは寂しく、何かお供が欲しい所です。

最近では、浴室にテレビがある、ということも一部では見られますが、テレビだと見たい番組を放送していない、ということもあります。手っ取り早く楽しめるのはラジオですが、これでもやはり面白くない番組を放送していることもあるので、万能とはいえません。

そんな中、近年は、タブレットの普及から、タブレットの防水用アクセサリーがいくつか発売されていて、入浴中にタブレットを使って、見たいものを見る、ということが手軽に出来ます。

また、そのアクセサリーは、一応「タブレット用」ということになっているものの、サイズ的に合えば、他のものを入れても問題ないですし、市販されているチャック付きのポリ袋を二重、三重に使えば、サイズが合わないというものを入浴時に使うこともできますね。

ということから、筆者は電子書籍リーダー(SONYのReaderです。)を入浴時に利用することにしました。

特に、冬の時期は、寒いことからたっぷりと暖まりたいということから、長風呂になることが多いですが、その時に小説を読むということで、ある程度纏まった読書時間をとることが出来ます。(ただ、面白い作品だと、もっと読もう、ということになって、1時間は当たり前で、最近は入浴時間が70~80分になっている...→60分は本を読んでいます。)

但し、「青空文庫」から無料でDLしたテキスト・ファイルをベースに自炊して、メモリーカードに入れて端末で読む、ということしているので、有料の電子書籍は読んでいません。→紙の本を20冊も買えば、端末代を軽く越えてしまうので、一ヶ月で軽く元は取っていると思います。

しかも、2013年になれば、柳田國男、吉川英治、という読みたい作家の著作権が切れるので、そう遠くない時期に「青空文庫」に加わって、無料で入手出来るでしょうし、読む本には困りません。(何せ、「青空文庫」には1万2000タイトルを越える作品があります。但し、詩のように数ページで、1分以内に読み終わる作品や、5分以内に読み終えることの出来る「短編作品」も多数ありますが...)

ということで、入浴のお供に電子書籍を、というのは如何?

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ホワイト PRS-T2/WC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ホワイト PRS-T2/WC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader レッド PRS-T2/RC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader レッド PRS-T2/RC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス










↓サイズ確認が必要ですが、これらも使えます。

ユニパック(チャック付ポリ袋)(100枚入) F-4

ユニパック(チャック付ポリ袋)(100枚入) F-4

  • 出版社/メーカー: セイニチ
  • メディア: ホーム&キッチン


ユニパック(チャック付ポリ袋)(100枚入) H-4

ユニパック(チャック付ポリ袋)(100枚入) H-4

  • 出版社/メーカー: セイニチ
  • メディア: ホーム&キッチン


ユニパック(チャック付ポリ袋)(100枚入) I-4

ユニパック(チャック付ポリ袋)(100枚入) I-4

  • 出版社/メーカー: セイニチ
  • メディア: ホーム&キッチン


ジッパー式ポリ袋 透明 100枚入 A3サイズ 4-L

ジッパー式ポリ袋 透明 100枚入 A3サイズ 4-L

  • 出版社/メーカー: システムポリマー
  • メディア: ホーム&キッチン




↓ATOKだけでなく、EPUBファイルの作成に使えます。

一太郎2012 承 特別優待版

一太郎2012 承 特別優待版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: DVD-ROM



一太郎2012 承 バージョンアップ版

一太郎2012 承 バージョンアップ版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: DVD-ROM



一太郎2013 玄 バージョンアップ版

一太郎2013 玄 バージョンアップ版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

岡村孝子『私の中の微風』 [音楽(特撮/邦楽)]

表題のアルバムは1986年7月に発表された彼女の2nd.アルバムである。前作から9ヶ月というスパンで発表されたことになった。また、CMソングとして使われた1曲(シングル曲でもあり、来生えつこ・たかお姉弟作の曲である。)を除いて、全て彼女の作詞作曲による曲である。尚、チャート成績は、オリコンで最高位18位を記録していて、前作以上のヒットになった。

収録曲は以下の全9曲である。『見送るわ』『微風』『美辞麗句』『夏の日の午後』『はぐれそうな天使』『Baby,Baby』『ラスト・シーン』『ひとりごと』『今日も眠れない』。

この中からシングル・カットされたのは、アルバム・リリースの半年前に2nd.シングルとして発表された『今日も眠れない』、アルバム・リリースの3ヶ月半前にリリースされ、かつ、CMソングとして使われた『はぐれそうな天使』、本アルバム・リリースの3週間後にリリースされ、ドラマ主題歌としても使われた『夏の日の午後』の3曲である。→結果的に、本アルバムから3曲がシングルとなった。

お薦め曲は、お馴染みの曲となっている『今日も眠れない』『夏の日の午後』、そして『微風』『美辞麗句』と『ラスト・シーン』をピックアップしておく。尚、『はぐれそうな天使』も良い曲であるが、彼女の作で無いことから、ここでは外すことにします。(こうでもしないと、「全部お薦め曲」と言ってしまうほどの名曲揃いですから...)

彼女の代表曲『夢をあきらめないで』は本アルバムから半年強のスパンで発表されているのだが、本アルバムは内容も濃く、完成度も高い作品であるだけに、大ヒットするのも当たり前と言うことが出来る。ということで、本アルバムは絶対に聴いておくべき'80'を代表するアルバムの一つであって、聴いて損の無いアルバムである。じっくりと彼女の世界を堪能しましょう!

私の中の微風

私の中の微風

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ファンハウス
  • 発売日: 2001/06/20
  • メディア: CD



私の中の微風

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ファンハウス
  • 発売日: 1986/07/02
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FORCE MD'S『LOVE LETTERS』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1984年に発表された彼らのデビュー・アルバムである。現在は3人組になっている(現役グループとして活動を続けている。)が、当時は5人組の黒人であって、ニュー・ジャック・スウィングのグループとして知られている。彼らとしては本アルバムは特にヒットを記録した訳ではないが、'80's後半に花開くニュー・ジャック・スウィングの創世記を知る上では貴重なアルバムの一つと言うことになる。

収録曲は以下の全8曲である。『Be Mine, Girl』『Don't Make Me Dance (All Night Long)』『Tears』『Let Me Love You』『Itchin' for A Scratch』『Forgive Me, Girl』『Let's Stay Together』『I Just Wanna Love You』。
お薦め曲は『Tears』『Let Me Love You』『I Just Wanna Love You』という所をチョイスしておく。

彼らの代表曲は、1985年に発表された2nd.アルバムからのヒット曲である『Tender Love』であって、何人かがカヴァーしてヒットを記録していることもあって、有名であるが、本アルバムに関しては余知られていないのが残念な所である。しかし、それなりの可能性を秘めている所を示していて、まだ荒削りな所もあるものの、聴かせる所と楽しませてくれる所はしっかりと同居しているアルバムとなっている。

彼らのアルバムを聴く場合、真っ先にということにはならないものの、彼らの原点となるアルバムでもあるだけに、しっかりと聴いておきたい所である。

Love Letters

Love Letters

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Collectables
  • 発売日: 2006/03/14
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

何、この殿様商売?→商品価値なしのkobo [本/電子書籍]

楽天から発売された電子書籍リーダーkoboは、登場当初から「?」という所が多々あったが、楽天自体の対応が余りにも酷いということを示す事柄を一件記しておきます。

kobo gloは関係ないが、touchとminiはライトが無いことから、オプションでリーディングライトを発売している。しかし、楽天のkobo関係のHPでリーディングライトについての仕様を捜しても、細かいことは記されていない。(素材、サイズ、重量、色だけしかない。)

ライトであるからは、電源が必要であるのは言うまでも無いので、使用電池について(同時に、電池寿命も)を問い合わせたのだが、その回答に呆れてしまった。(「転載禁止」の文字が無かったので、記します。)

「リーディングライトについてですが、アクセサリーはサポート対象外ですので、
弊社から商品詳細をお伝えすることができかねます。
ご了承いただきますよう、お願いいたします。
申しわけございません。」

これが回答である。すなわち、リーディングライトに関しては「楽天は対応しない」と言っているのである。となると、ライトが原因となるトラブルが発生した場合でも、一切関知しないと宣言していることでもある。→LEDライトであることから、その可能性は低いと考えられるが、何らかのトラブルから、ライト使用中にLEDが過熱し、それによって発火をしても、「知らない」と宣言しているのである。

当然、この回答を読んだ時点で、この余にも酷い対応に、怒りを通り越して、完全に呆れてしまい、殿様商売、ユーザーのことを全く考えていないということを改めて感じた。そして、アクセサリーに関してこのような対応をしているkoboは、商品としての価値はゼロ、すなわちゴミだ、という結論に至った。

本体のアクセサリーを、全く関係ない別会社が販売しているのならば、多少は考慮する余地はあるが、このライトは楽天が販売していて、「アクセサリー」と謳っている。koboとは別商品であるが「アクセサリー」は本体の価値を上げるための商品であるが、これによって楽天は、kobo touchとminiは商品ではない、と宣言しているのである。(まあ、touchを、ある条件の下で勝手に送りつけていた、という時点で、商品であることを自ら放棄していましたが...)

ちなみに、SONYのReaderについては、SONYが「ライト付きブックカバー」というアクセサリーを販売しているが、その商品紹介ページには「付属品:単4形乾電池×1本」とあることから、使用電池が単四1本ということが分かる。

また、電子書籍リーダーの種類に関係なく、「各種電子ブックリーダー対応読書灯」という商品をいくつか見ても、必ず使用電池が記されている。(ボタン電池を使っている商品が多いですね。)

ということで、こんなにも対応の酷い「kobo (touchとmini)」は、完全に商品としての存在意義が無く、購入するような代物ではない。

7月にkobo touchが発売された時、飛びついて買わなくて良かった、と改めて思います。

ということで、筆者の結論は、電子書籍リーダーは、自炊することがあれば、外部メモリが使えるSONYのReaderを、自炊をせずに、単に電子書籍を読むだけというのであればAmazonのkindle、ということである。また、書籍数が(現時点で)多いLideoも悪くはないが、koboは絶対に買うべきではないですね。(例え、「1万円あげるから」と言われてもkoboは買わない!!→「koboは商品価値なし!!」)

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ブラック PRS-T2/BC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ホワイト PRS-T2/WC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader ホワイト PRS-T2/WC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader レッド PRS-T2/RC

SONY 電子書籍リーダー Wi-Fiモデル Reader レッド PRS-T2/RC

  • 出版社/メーカー: Sony
  • メディア: エレクトロニクス



Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

  • 出版社/メーカー: Amazon.co.jp
  • メディア: エレクトロニクス



Kindle Paperwhite 3G

Kindle Paperwhite 3G

  • 出版社/メーカー: Amazon.co.jp
  • メディア: エレクトロニクス




↓電子書籍端末で使えるライトをいくつか

I.D.E.Ainternational LEDブックライト シルバー FDL003-SY 4200037

I.D.E.Ainternational LEDブックライト シルバー FDL003-SY 4200037

  • 出版社/メーカー: イデアインターナショナル
  • メディア: ホーム&キッチン



MIGHTY BRIGHT TravelFlex LEDブックライト グリーン 42614

MIGHTY BRIGHT TravelFlex LEDブックライト グリーン 42614

  • 出版社/メーカー: Mighty Bright
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: ホーム&キッチン








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

FLASH AND THE PAN『LIGHTS IN THE NIGHT』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1980年に発表された彼らの2nd.アルバムである。オーストラリア出身の2人組のニューウェーブ・バンドの彼らは、シンセサイザーがまだ珍しい時期であった'70's後半の結成時から、シンセサイザーを使ったポップなサウンドを展開していたが、'80'sという時代に入り、シンセサイザーを使ったサウンドも珍しくなくなった時期に発表されたのが本アルバムである。尚、彼らは、1982年に発表する次作(3rd.アルバム)がそれなりのヒットを記録しているので、ブレイク前の貴重なアルバムと言うことも出来る。

収録曲は以下の全8曲である。『Media Man』『Headhunter』『Restless』『Welcome To The Universe』『Make Your Own Cross』『Lights In The Night』『Let The Captain Beware』『Atlantis Calling』。

この中からシングル・カットされたのは2曲であって、『Media Man』と『Welcome To The Universe』であるが、特にチャートインを記録していない。

お薦め曲は、シングル曲の『Media Man』と『Welcome To The Universe』、そして『Let The Captain Beware』、アルバム・タイトル・ナンバーである『Lights In The Night』をピックアップしておく。

発表から30年以上が流れた現在では、特にどうということの無いシンセ・サウンドであり、陳腐化している部分も多々ある。が、当時としては、このジャンルのサウンドは発展途上であって、次々と新しい試みが行われて、活気に溢れていたものである。本アルバムも、そういう活きの良さが感じられるのだが、当時でも新鮮さがなく、こなれたサウンドとして纏まっている。そういうこともあって、シングル曲もヒットせず、アルバムとしては特にヒットを記録した訳ではないが、初期のシンセサイザー・サウンドから取り組んでいるというキャリアから来る巧さは感じられる。

現在では、シンセサイザーを使った音楽が氾濫しすぎていることもあって、全く目立たないものになっているが、'80's初頭という時期に発表されたアルバムということを考えると、チェックしておいてもよろしいかと...

Lights in the Night

Lights in the Night

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Renaissance
  • 発売日: 2009/01/27
  • メディア: CD



ブラック・スクリーン(紙ジャケット仕様)

ブラック・スクリーン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エアー・メイル・レコーディングス
  • 発売日: 2012/08/23
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FISCHER-Z『GOING DEAF FOR A LIVING』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1980年に発表された彼らの2nd.アルバムである。1979年に結成されて、道念のデビュー・アルバムがまずまずだった彼らの2枚目となるアルバムである。また、本アルバムからは、本国イギリス以外で最大のヒットとなったシングル曲が生まれている。

収録曲は以下の全10曲である。『Room Service』『So Long』『Crazy Girl』『No Right』『Going Deaf For A Living』『Pick Up/Slip Up』『Crank』『Haters』『Four Minutes In Durham (With You)』『Limbo』。

この中からシングル・カットされたのは4曲である。1st.シングルの『So Long』が本国イギリスで72位を記録し、豪州では15位、オランダで12位を記録している。その後は、『Room Service』『Crazy Girl』『Limbo』がシングル・カットされたが、特にチャートインを記録していない。

お薦め曲は、彼らの代表曲の1つであるヒット・シングルの『So Long』、シングル曲の『Room Service』と『Crazy Girl』、更に『Haters』をピックアップしておく。

全作ではニューウェーブ系のバンドらしいところを見せて、幅広いサウンドを取り入れていたが、本アルバムでは、その傾向はあるものの、落ち着きが出てきて、ロック・アルバムとしても腰を下ろしたものとなっていて、ロック・ファンとしては聴きやすいものになっている。この点では'80'sらしいアルバムと言うことになる。彼らの代表作の一つと言うこともあるだけに、UKロック・ファンであれば聴いておきたいアルバムの一つである。

Going Deaf for a Living

Going Deaf for a Living

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Europe Generic
  • 発売日: 1993/03/11
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

FINE YOUNG CANNIBALS『FINE YOUNG CANNIBALS』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1985年に発表された彼らのデビュー・アルバムである。1988年の2nd.アルバム(同時に彼らのラスト・アルバムでもある。)が英米豪加などでNo.1ヒットとなったことで知られている彼らであるが、デビュー・アルバムである本アルバムも十分なヒットとなって、'80'sらしいポップなダンス系ナンバーは、現在でも音楽シーンに影響を与えていることで知られている。本アルバムはそんな彼らの記念すべきデビュー・アルバムである。

チャート成績は、本国イギリスとニュージーランドで最高位11位を記録、スイスで17位、カナダで21位、アメリカでは49位を記録している。

収録曲は以下の全10曲である。『Johnny Come Home』『Couldn't Care More』『Don't Ask Me To Choose』『Funny How Love Is』『Suspicious Minds』『Blue』『Move To Work』『On A Promise』『Time Isn't Kind』『Like A Stranger』。

この中からシングル・カットされたのは全部で4曲である。デビュー・シングルでもある『Johnny Come Home』はイギリスとアイルランドで最高位8位、豪州で14位、アメリカでは76位を記録するヒットになった。(Billboardのダンス・チャートでは9位を記録している。)2nd.シングルの『Blue』は豪州で13位、イギリスで41位を記録、3rd.シングルの『Suspicious Minds』は豪州で6位、イギリスで8位、アイルランドで9位を記録、44t.シングルの『Funny How Love Is』はアイルランドで27位、イギリスで58位、豪州で97位を記録している。

お薦め曲は、シングル・ヒットを記録している『Johnny Come Home』『Blue』『Suspicious Minds』『Funny How Love Is』と、『Like A Stranger』をピックアップしておく。

サウンドは'80'sのものであるが、3人組ということもあって、比較的シンプルな構成の楽曲が中心となっていて、聴きやすさがある。また、ボーカル・アルバムとしてもなかなか良く出来ていて、聴かせてくれる曲もある。ということで、たっぷりと楽しむことの出来るアルバムである。

Fine Young Cannibals

Fine Young Cannibals

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: London Import
  • 発売日: 1999/10/05
  • メディア: CD



Fine Young Cannibals

Fine Young Cannibals

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Uni/Mercury/Polygram
  • 発売日: 1997/02/04
  • メディア: CD



Fine Young Cannibals

Fine Young Cannibals

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー:
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あと一週間で… [本/電子書籍]

今年もあと一週間ということになりました。で、1962年に亡くなった作家の著作物(小説など)の著作権もあと一週間で消滅することになります。著作権が消滅すると、「パブリックドメイン」になり、自由に使えることになります。

どういう作家がこれに該当するのか(=「1962年に亡くなった作家」)というと、柳田國男、室生犀星、吉川英治の3人がその代表として名前が出てきます。が、それ意外にどういう人がいるのかを調べてました。(敬称略)

*秋田雨雀
 大西源一
 岡田八千代
 小口みち子
 国木田治子
 小松清
 実吉捷郎
 塩谷温
 
*妹尾韶夫
 武林無想庵
  東野辺薫
 早川三代治
*正木不如丘
*正宗白鳥
 若月紫蘭

尚、「俳人」と呼ばれる人はピックアップしていません。
名前の前に「*」のある人は、「青空文庫」で現在「作業中」となっている作家なので、2013年なると、順次追加されていくものと思われ。(一度に大量追加が行われるのではなく、毎日、1~3作ぐらいのペースで追加されていく。)
→柳田國男、室生犀星、吉川英治の3人も「*」です。

 
 
 
 
これらの作家の作品を読もうと思うのであれば、「青空文庫」で追加されるのを待つ、または「青空文庫」に追加されるとkidle storeなどにも無料作品として追加されるでしょうから、それらを待ってから読むのが良いでしょうね。

ということで、来年になると、柳田國男の民俗学作品や「遠野物語」、吉川英治の「鳴門秘帖」「宮本武蔵」「三国志」「新・平家物語」などが「青空文庫」に追加されるのを待って、それらの作品を読もうと思います。

※「銭形平次」の野村胡堂、「水掛時次郎」の長谷川伸は1963年没なので2013年末で、「人生劇場」の尾崎士郎、「007」のイアン・フレミングは1964年没なので2014年末で、江戸川乱歩、谷﨑潤一郎は1965年没なので2015年末で著作権が消滅するというように、これからはビッグネームの作家の作品がパブリックドメインになるという楽しみもあります。

 ということで、今年で著作権が消滅する作家の(紙)本をいくつか拾っておきます。

妖怪談義 (講談社学術文庫 135)

妖怪談義 (講談社学術文庫 135)

  • 作者: 柳田 國男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1977/04/07
  • メディア: 文庫



遠野物語・山の人生 (岩波文庫)

遠野物語・山の人生 (岩波文庫)

  • 作者: 柳田 国男
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1976/04/16
  • メディア: 文庫



日本の昔話 (新潮文庫)

日本の昔話 (新潮文庫)

  • 作者: 柳田 国男
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1983/06
  • メディア: 文庫



三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/04/11
  • メディア: 文庫



宮本武蔵 全8冊   吉川英治歴史時代文庫

宮本武蔵 全8冊   吉川英治歴史時代文庫

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/03/21
  • メディア: 文庫



新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)

新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/03/24
  • メディア: 文庫



親鸞(一) (吉川英治歴史時代文庫)

親鸞(一) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1990/08/03
  • メディア: 文庫



私本太平記 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

私本太平記 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: 文庫



室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6))

室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6))

  • 作者: 室生 犀星
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1968/05
  • メディア: 文庫



秋田雨雀詩集 (1965年)

  • 作者: 秋田 雨雀
  • 出版社/メーカー: 津軽書房
  • 発売日: 1965
  • メディア: -


正木不如丘探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書)

正木不如丘探偵小説選〈1〉 (論創ミステリ叢書)

  • 作者: 正木 不如丘
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2012/10
  • メディア: 単行本



正木不如丘探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書)

正木不如丘探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書)

  • 作者: 正木 不如丘
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 単行本



何処へ・入江のほとり (講談社文芸文庫)

何処へ・入江のほとり (講談社文芸文庫)

  • 作者: 正宗 白鳥
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/01/09
  • メディア: 文庫



世界漫遊随筆抄 (講談社文芸文庫)

世界漫遊随筆抄 (講談社文芸文庫)

  • 作者: 正宗 白鳥
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/12/10
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

FEARGAL SHARKEY『FEARGAL SHARKEY』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1985年に発表された彼のソロ・デビュー・アルバムである。北アイルランド出身ということもあって、欧州を中心に大ヒットを記録した、彼にとっても記念すべきアルバムである。チャート成績は、イギリスで最高位12位を記録したのをはじめ、スイスで11位、ニュージーランドで16位、カナダで17位、アメリカでは75位を記録している。

収録曲は以下の全10曲である。『A Good Heart』『You Little Thief』『Ghost Train』『Ashes And Diamonds』『Made To Measure』『Someone To Somebody』『Don't Leave It To Nature』『Love And Hate』『Bitter Man』『It's All Over Now』。

この中からシングル・カットされたのは全部で4曲である。1st.シングルの『A Good Heart』はイギリス、アイルランド、豪州で1位を獲得し、オランダ、ベルギーで2位、スイス、ニュージーランド、南アフリカで3位、カナダ、(西)ドイツで4位、オーストリアで13位、イタリアで17位、フランスで37位、アメリカでは74位を記録している。2nd.シングルの『You Little Thief』はアイルランドで3位、豪州で4位、イギリスで5位、オランダで10位、スイスで27位、(西)ドイツで30位、ニュージーランドで38位を記録し、3rd.シングルの『Someone To Somebody』はアイルランドで30位、イギリスで64位を記録した。そして豪州のみのシングルとなった『It's All Over Now』はB・ウーマックの楽曲で数多くのミュージシャンたちがカヴァーしているあの曲である。

お薦め曲は、世界的な大ヒットになったシングル曲の『A Good Heart』、シングル曲の『You Little Thief』と『Someone To Somebody』、更に『Don't Leave It To Nature』と『It's All Over Now』をピックアップしておく。

全体的には聴きやすい楽曲が揃っているものの、哀愁を帯びたメロディアスな所は彼独特の魅力となっている。そういうこともあって、ちょっとハスキーなボーカルであるが、じっくりと聴きたくなる秀曲の揃っているアルバムである。じっくりと聴いてみましょう!

Feargal Sharkey

Feargal Sharkey

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Caroline
  • 発売日: 2007/03/20
  • メディア: CD


Feargal Sharkey

Feargal Sharkey

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Euro Parrot
  • メディア: CD



Feargal Sharkey [Analog]

Feargal Sharkey [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: A&M
  • メディア: LP Record


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。