So-net無料ブログ作成
検索選択

新番組2本の予告+松元環季 in 電王#35 [特撮]

来週から始まる新番組2本の予告編に関してを含めて、今週分は1つにまとめます。(と言っても、いずれも、内容が無いのだけれど...)

関東地区ではキー局のTV東京が10/2(火)の深夜から放送が始まるが、関西・TV大阪では土曜の深夜の放送(その他、地域によって放送日、時間が異なっている。)となるのが「キューティーハニー THE LIVE」である。その前番組「キスダム」の最終回で、C.ハニーの初回予告があると思って録画予約をしておいたら、何もなかったなんて、どうかしてますよ、TV大阪さん。せめてテロップで次週から何を放送するのかぐらい出すべきでしょうが...

一方、関東、中京地区では10/5(金)の深夜から放送が始まる「ULTRASEVEN X」の関西での放送は、MBSが土曜深夜(「C.ハニー」終了の50分後のスタート)に放送する。こちらは、MBSが土曜深夜に放送しているアニメの後番組としてではなく、新たに30分の枠を用意しての放送ということなので、初回予告は流れないだろうと思っていたが、前後する枠ではやはり何も流れませんでした。(一応、公式HPの方で見ているけど、手元に残せないのが...)

ということで、EPGの番組表ではしっかりと出てくるが、2本とも本当に放送が始まるのか?という盛り上がりが全くない状況である。→やっぱり「期待はするな」という天の声でしょうかねぇ?ここのところの特撮ヒーロー番組は揃いも揃って出来が悪いから、元々期待もしていませんけど...

それでは今週の松元環季。初登場の時に生卵を投げていたことを、「これは良くない」ということを記したが、それを修正したのか、今回はサッカーボールハリセンを使って攻撃をしていた。これだったら、暴力性についての論議は残るものの、食べ物を投げるということと比べると、それなりに良いでしょう。(そもそもサッカーボールをあんなにコントロールよく蹴るというのは難しいことですし...)そして緑の網を使って捕らえた獲物(良太郎)を引っ張って行ったけど、これが赤い網だったら「私の泪で溺れなさい!」となる所でした。→緑の網ということで、10代目の「ケータイ刑事」への布石(分かる人はこれだけでも十二分に理解できます。)となったらいいのだが、丹羽Pがどう出るかですし...

それにしても、微妙な表情の出し方といい、細かい感情表現がしっかりと出来ていて、本当に演技が上手いですね。(この番組の出演者の中では一番上手いですね。→学芸会レベルの取り巻きが出ていたら更に巧さが光ったでしょうに... それよりも、彼女の前では邪魔なだけ。)

ということで、松元環季が日曜朝のほんのひとときの清涼剤になった所だったが、来週からは「銭形海」の後の深夜の時間帯に「キューティーハニー THE LIVE」と「ULTRASEVEN X」の(関西では)放送が始まる。日曜朝の清涼剤としてお役ご免になるか、存在感を示すか、どっちになるかは来週次第ですね。(既にカラフルな団体とコントをする角集団は日曜朝には不要だし...)

ところで、来週は4つのキーワードってまたやるようだけど、どうせ「ニチアサ」か「スパヒロ」のどちらかでしょう。(何処か1文字見たら分かっちゃいますよ。)そもそも、そんなことをしても、4本全部を見るなんて暇なことはしませんよ...

 

 ↓一応これらを

BEST of COOL GIRL Vol.4 オルタナティブ キューティーハニー in COOL GIRL

BEST of COOL GIRL Vol.4 オルタナティブ キューティーハニー in COOL GIRL

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ULTRA SEVEN X オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ, Pay money To my Pain, 斎藤高広フィーチャリング菰口雄矢
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD

↓正しく使いましょう!

Mrハリセン

Mrハリセン

  • 出版社/メーカー: 丸惣
  • メディア: おもちゃ&ホビー

アディダス チームガイスト フットサル

アディダス チームガイスト フットサル

  • 出版社/メーカー: adidas
  • メディア: スポーツ

タンゴエスパーニャアディレプリック 4号球 AS4470

タンゴエスパーニャアディレプリック 4号球 AS4470

  • 出版社/メーカー: アディダス
  • メディア: スポーツ

↓「私の泪で溺れなさい!!」

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/06/24
  • メディア: DVD


iしたい。[9/30・30分バージョン] [ケータイ刑事]

「いよいよ明日からは10月、秋が深まってきますよね」と最初の挨拶があったが、昨日29日から急に涼しくなりました。朝、明るくなるのも随分と遅くなり、日が暮れるのも早くなりました。(秋分の日を過ぎたから、昼間の時間のよりも夜の時間の方がもう長くなっているのですよね...)

今回は10月からの新番組紹介があって、いつものレギュラー番組のピックアップが無いということになりました。(いつもの「銭形雷」(再放送、2nd.8話をベースにしたもの)はありませんでした。→いつも同じものなので、無ければ無いで良いんですけど...)

今回は、いつもの「銭形海」の次回予告(スポンサーのロゴなし、27秒バージョン)はありませんでした。それに替わって、10月からの新番組「キ・ニ・ナ・ル」(10/4(木)22:00~ スタート)の紹介で、初回のゲストがちゃんということで、青葉台学園の冬服&ポニーテールちゃんが見られました。番組内でしっかりと見られるでしょうが「20問のキ・ニ・ナ・ルチェック」というフリップが出ていて、ちゃんが答えている所がでていましたが、思い出したのはケータイ刑事マニアル」にあった真希ちゃん芽以さん夏帆ポンへの質問(真希ちゃんには16問、芽以さん&夏帆ポンには20問)でした。→現時点では早いけど、分家・雷シスターズの「ケータイ刑事」も8代目となる四女までの4人でケータイ刑事マニアル2」が出版されることを期待しています。

そして、これに続いて「銭形海・2nd.」がピックアップ。(連続していました。)「2nd.1話」のシーンが出てきて、ちゃんが五代さんに手錠を掛けられていましたが、これは(お約束の)警察手帳と青葉台学園の学生証を間違えて見せて「公文書偽造で逮捕する」とやられた所ですね。→ちゃんは1st.1話でも高村さんに手錠を掛けられたということで、2回目になります。(ちゃんとちゃんは2nd.では新しい相棒(高村さん)に手錠を掛けましたし、ちゃんは(五代さんと)お互いに掛け合おうとして掛けずに済んでいたので、これは新しいパターンということになります。)その後、事件現場で捜査をするちゃんと五代さんのシーンがありましたが、この時、床に倒れている被害者はクイーン宝積さんのようでした。→やっぱり1話に欠かすことの出来ないクイーン・宝積さん。久しぶりに犯人ではなくて殺される方なんですね。ということはクイーンを鼻に掛けた嫌みな言動が真犯人の反感を買って殺された?

「キ・ニ・ナ・ル」の部分が15秒、「銭形海」の部分が15秒で、トータルで30秒でしたが、これは再度流れることは無いような気がしますが...(あったとしても木曜までの「iしたい。」だけでしょうし...)と思えば、これはとても貴重なものになりますね。

これ以外は、基本的にいつもの内容でしたが、今回は最後に3分バージョン(正確には2分55秒)の「0093女王陛下の草刈正雄」が流れていました。

ところで、新番組のスタートに伴って、いくつかの番組の放送時間が変わる、というお知らせがあったが、テロップでは新しい放送時間が出ていたが「詳しくはBS-i等のHPでチェックして下さい」と言ったのは、時代ですね。こういうことは以前('90's中盤ぐらいまで)だったら詳しく語っていたんですけど...(→HPというメディアもすっかり定着したということでもあります。)

※今回は「ケータイ刑事」関係が中心なので、カテゴリーも「ケータイ刑事」です。

 

↓やはりこれを

ケータイ刑事マニアルBOOK

ケータイ刑事マニアルBOOK

  • 作者: テレビライフ編集部, 宮崎 あおい, 堀北 真希, 黒川 芽以, 夏帆
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本

↓まもなく発売のこれに「銭形海」の記事があるそうです。

刑事マガジン V

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2007/10/12
  • メディア: 大型本

↓冬服&ポニーテールの海ちゃん、やっぱりこの泪ちゃんフィギュアを思い出します。

ケータイ刑事銭形泪・黒川芽以style (冬服タイプ)

ケータイ刑事銭形泪・黒川芽以style (冬服タイプ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: トライディア
  • 発売日: 2006/02/03
  • メディア: -


ケータイ刑事銭形海13話(感想)+14話(2nd.1話)予告 [ケータイ刑事]

二段構成で記している「ケータイ刑事 銭形海」。放送後の最初は、いつものように簡単な感想と次回予告について思ったことを記しています。今回の物語は第13話「さよなら相棒! 銭形海VS高村一平」ということで、高村さんとの別れの物語です。高村さんとの別れの物語は「・2nd.22話」「・1st.13話」「・2nd.14話」に次いで4度目ですが、これまでの3本との違いは監督が佐々木浩久監督ではなかったということです。(脚本の方は全部異なる人です。)が、篠崎誠監督と加藤淳也脚本と言えば、10/13から劇場公開される0093女王陛下の草刈正雄」の監督&脚本ということになります。(篠崎監督は「・2nd.5話」の刑事まつり以来のケー刑事となりました。)しっかりとその映画の宣伝もやっていたのは抜け目のない所でしたね。(笑

また、相棒との別れの物語というと、ハードな展開の物語(特に爆弾が絡むことが多かった)が多かったのだが、今回は少し違っていて、人間ドラマが見られました。ということで、「シリアス路線」という所が一応活きていた物語でした。(ただ、ちゃんネタが登場するなど、やる所はやっていましたけど...)

まずは、ちゃんの鞄のイルカ・マークについて。ラストの高村さんとの別れの所で、鞄のイルカ・マークが確認できましたが、数は13個ありました。今回が13話で事件解決後だったので1個追加したというのは分かりますが、舞台編の4回で1つの事件なのに、ここを4つ付けたということですね。(次回からは「2nd.」になるということで、リセットされるでしょうが...)

高村さんの出向先はスコットランド・ヤードということで、ロンドンでした。スコットランド・ヤードにはちゃんが留学していましたが、そのちゃんは現在はNASAにいるので、愛ちゃんが呼び寄せたのでは無いにしても、「ケータイ刑事」ではお馴染みの所でした。しかも高村さんは「・1st.4話」の時にスコットランド・ヤードのことを口にしていただけに、そこに出向というのも運命だったんでしょうね。

ちゃんはやはり前もって高村さんの出向の話を知っていて、プレゼントを用意(包みのリボン緑色というのもしっかりと考えられていました。)していましたが、あのストラップは手作りなんでしょうかねぇ。(それにしても、柴田さん。貰えなかったと言って、自分で買いますかねぇ...(@鑑識メモ))でも最後に「さようなら、はなかみまさおさ~ん」とネタも忘れていない柴田さんでした。

今回の事件のトリックは、直ぐに(ちゃんが薬の瓶を手にした所で)分かっちゃったので、もう少し捻りが欲しかったところでしたが、「ケータイ刑事」では珍しく、人間ドラマが見られたということで、よしとしましょう。また、それなりにネタも散りばめられていましたし...

冒頭で高村さんが荷物の整理をしている所では、これまでの「銭形海」の物語に登場した色んな小物が山のようにありましたが、それ以外にも、「・1st.6話」に出てきた熊の人形があったように見えたんですけど... そんな中、「草刈正雄の華麗なる卓上カレンダー」が出てくる所は流石です。しかも、ちゃんが開いた1月の日付を見たら、1/5が土曜日になっていましたが、これは来年2008年のカレンダーということでしょうか?(いや、2002年、1991年、…という過去のものの可能性もあり得ますね...)

そしてちゃんの嘘泣きが登場しましたが「従姉妹直伝の嘘泣き」と、高村さんにはどうやら嘘泣きは通じなくなりました。→こうなると、やっぱりちゃんにお手本を見せてもらいたくなります。バシッと嘘泣きを決めて、高村さんに奢ってもらいましょう!!

そんな中、またも出た「冷え性?(頑固な女は冷え性)」ネタ。しかし今回は高村さんではなくて容疑者・三崎洋子の口から出るというのも今までにない展開でした。でも、洋子がこれを口にしたということは、高村さんは学生時代から言っていたのか、それとも、もはや常識として誰もが知っていることなのか。これは新たな「謎です」と言っていい?(ちゃんも逆に返すという、人間っぽい所がまた良かったところでした。)

高村さんに関するネタも、久しぶりに「ペッパーダイン大学」の名前が出てきましたが、「バーボン刑事のテーマ」は歌いませんでした。これは、舞台編でたっぷりと歌ったから、もう十分ということでしょうかねぇ。

ちゃんと高村さんが対立するという展開はちょっと新鮮でしたが、プレゼントの包みを床に叩きつけたり、「冷たい」と言われたことに悩む、というように、感情が前に出たちゃんって、新しい一面となっていました。また、ちゃんも随分と演技が上達しました。

ところで、事件現場となった三崎邸って、「恋日・3rd.」でも見たことがある家だった、ということは不問にします。(それ以外については、火曜日一番の方で...)

次回・第14話(2nd.1話)の物語は「スニーカー、復活! ~エリーゼのためにならない殺人事件」ということで、2nd.シリーズに突入です。で、TVシリーズでは「・2nd.」以来となる五代さんが復帰です。どれだけ大きくなって帰ってくるのか楽しみですが、五代さんのことだから、何も変わっていないのだはないかと思いますけど...(今度の彼女は何処の女性になっているのかも楽しみです。)で、1話ということでは、やはり初対面の時のお約束をやってくれるでしょうが、どういう形でちゃんと出会うのかが楽しみです。(五代さんはお姉ちゃまとの面識もないだけに、「従姉妹???悪夢だ!」と言っていきなり壊れそうですけど...)また、ちゃんも冬服に衣替えとなり、髪型もポニーテールになるということですが、馬面の五代さんに合わせてのポニーテールなんでしょうか?(ちゃんの髪型の変化と逆を行くちゃんなだけに、3rd.(勿論、岡野さんの復帰)があれば(または、2nd.が第2クール突入の場合も同じ)ストレートになるのでしょうか?)そういえば、柴田束志さんとも初顔になる五代さんですが、逆立ち・束志を見ての反応か楽しみです。

次回予告を見た限りでは、バックに流れた主題歌の歌詞が変わっていたので、次回からは2番(多分、3番もあるのかも?)になると思っていいでしょうね。ゲストは有坂来瞳さんですが、次回予告に出た赤い帽子の女って、宝積さんですよね。(→ということは、久しぶりに被害者の役ということなんでしょうか...)

鑑識メモは、「さかなへんの漢字」ネタは「鯆」(いるか)って、普通は「海豚」と書くので、誰も分かりませんよ。(→やっぱり勉強になる「ケータイ刑事」です。)それにしても、「イルカのプン太」は舞台編のあと、前回も劇中に出てきましたし、今回もということで、すっかり馴染んじゃいましたね。(飼い主の睦月いずみが逮捕されたから、警視庁が世話をしているのかも...?)

「鑑識メモ」の後のDLのお知らせも、夏服姿&「高村さんには内緒です」は今回限りで、次回からは冬服になり「五代さんには内緒です」に変わるのでしょうが、ここも少し楽しみです。

途中の海ちゃんCMは、前回と同じ第9パターンの「公園のベンチ編」でした。いつものようにAパートとBパートの間だけに流れました。次回からは制服も冬服になりますから、このコーナーがあるとしたら新しいものになるはずですが、引き続いてあるのでしょうか?(以前の3ミニッツ・ストーリーを作るほど、今のDoCoMoに余裕はないと思うので、海ちゃんが登場すると思いますけど...)

最後になりましたが、草刈正雄さん、お疲れ様でした。間に9ヶ月のブランクがあったものの、「ケータイ刑事」においては「・2nd.」に続いて「・1st.」と2クール続いての出演でした。ちゃんの妹・7代目以降になったら、また日本に戻ってきて、コンビを組んで下さいね。

 

 ↓高村さんとの別れの物語が収録されているもの

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/06/24
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 3

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/05/25
  • メディア: DVD

↓泪ちゃんネタに関して、参考まで

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD
 
↓「スコットランド・ヤード」ということで...
スコットランド・ヤード物語

スコットランド・ヤード物語

  • 作者: 内藤 弘
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1996/01
  • メディア: 単行本

スコットランド・ヤード―ロンドン悪の系譜

  • 作者: 益子 政史
  • 出版社/メーカー: 朝日イブニングニュース社
  • 発売日: 1986/01
  • メディア: 単行本
スコットランドヤード・ゲーム

スコットランドヤード・ゲーム

  • 作者: 野島 伸司
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本
 
↓一応、参考まで(役に立つかな?)
新版 万病を治す冷えとり健康法

新版 万病を治す冷えとり健康法

  • 作者: 進藤 義晴
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
新・自分で治す「冷え症」

新・自分で治す「冷え症」

  • 作者: 田中 美津
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/08/26
  • メディア: 単行本
陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書)

陰陽調和料理で健康―肩こり・冷え症・アレルギー (健康双書)

  • 作者: 梅崎 和子
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 1994/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
あなたも治る冷え症・便秘・生理痛―カイロを貼るだけ、なわとびを3分間するだけでも効果あり 気楽にできて、体の中からキレイになれる!

あなたも治る冷え症・便秘・生理痛―カイロを貼るだけ、なわとびを3分間するだけでも効果あり 気楽にできて、体の中からキレイになれる!

  • 作者: 高橋 順子
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 1999/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
タイプ別冷え症改善ブック

タイプ別冷え症改善ブック

  • 作者: 南雲 久美子
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 単行本

ケータイ刑事銭形雷24話[裏ネタ編] [ケータイ刑事]

BS-iの再放送枠(毎週日曜日朝10時)に合わせて書いている「銭形雷[裏ネタ編]」であるが、今回の物語は第24話「キョの三宝を守れ! ~銭形雷探偵団VS怪人5面相事件」ということで、怪人さんの登場で、これが4度目の登場と言うことになる。当然、「・2nd.5話」と「・1st.4話/2nd,3話」を見ておさらいをしておくと、楽しみ方も幅が広がることになる。が、今回は、相棒の岡野さんも怪人さんに対しては初と言うことなので、ここは「・2nd.5話」をおさらいしておくのが良いでしょうね。で、今回は、怪人さんの物語では必ず出てくるジャーロック・ボームズ銀田一ゴースケというヘッポコ探偵コンビにスポットを当てることにして、元ネタとなるホームズと金田一耕助について述べる。

尚、BS-iの本放送時に記した記事は「ここをクリック(本放送)」、MBS放送時に「[改訂版]」として記したものは「ここをクリック(改訂版)」して下さい。

ジャーロック・ボームズは、コナン・ドイルの小説に登場する名探偵シャーロック・ホームズを、銀田一ゴースケは横溝正史の小説に登場する名探偵金田一耕助を元ネタとしているのは誰が見ても分かることであるが、「」になってからはボームズ&ゴースケは共に「二世」ということになって、それぞれ弟が登場した。一番の理由は、やはりキャスティングのことであろうが、弟なのに「二世」を名乗る所はケー刑事らしいところである。(普通は息子が名乗るものであるが、弟が名乗ったらダメという決まりはないですからね...)

ホームズについては「裏ネタ編」でも16話の時に一度述べているので、今回は少し違った観点から述べることにする。ホームズはこれまでに数多くの映画やTVドラマが製作されているので、演じた役者も大勢いる。最も古のは1905年にモーリスコステロが「シャーロック・ホームズの冒険」で演じた記録が残っている。(つまり、100年以上も前で、映画の黎明期ということになる。)その後、サイレント映画の時代には数多くの作品が製作されたいるが、記録が今ひとつ揃っていないので省略する。映画がトーキーになると、クライブ・ブルックが初めてホームズを演じている。(彼の主演作はサイレント版もあったので、形の上ではサイレント映画でも演じたことになる。)また、この作品でワトソンを演じたレジナルド・オーエンは後にホームズも演じている。ホームズを演じたことで人気を得たのはベイジル・ラスボーンである。彼を「最高のホームズ」と言うシャーロキアンが多いことからも分かるであろう。一方、イギリスのホームズ・ファン協会が唯一人公認しているホームズ俳優がピーター・カッシングである。彼はハマー・プロ製作のホラー作品でお馴染みの俳優であるが、ホームズを演じた1959年の映画「バスカヴィル家の犬」で高い評価を受けている。(その後もホームズを演じている。)また、ハマー・プロのホラー作品ということで、吸血鬼ドラキュラでお馴染みの性格俳優・クリストファー・リーもホームズを演じている。全世界で好評だったのがグラナダ・テレビ製作のTVシリーズで、そこでホームズを演じたのがジェレミー・ブレットであり、その後も演じ続けていることから、人気の高い一人である。その他にも、リチャード・ロクスバーグ、レナード・ニモイ、ロジャー・ムーア、マイケル・ケインと言ったビッグ・スターたちもホームズを演じている。また、ちょっと異色な所では、ホームズの少年時代を描いた1985年の映画「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」ではニコラス・ロウが少年ホームズを演じている。(その他にもアニメ版のホームズも複数あるが、それらに関しては省略します。)

とにかくホームズは、数多くの映像作品があり、しかも人気の高いキャラクターであるために、今後も映画やTVドラマの新作は製作されていくのは間違いない所である。どんな俳優たちが新たなホームズを見せてくれるのかも楽しみな所である。

金田一耕助:横溝正史の小説に登場する名探偵であり、ボサボサ頭と袴姿というイメージが定着している。これまでにも数多くの作品が映画やTVドラマ化されていて、多くの俳優が演じている。金田一耕助の設定は、1913年に東北地方で生まれたとされている。(早生まれと横溝正史は語っている。)中学を卒業後上京し、更には渡米するという経歴がある。(サンフランシスコで殺人事件を解決している。)その後22歳で帰国すると探偵事務所を開く。最初は仕事はなかったが、いくつかの事件を解決していくうちに「名探偵金田一耕助」の名前が広がる。第二次大戦で応召されて中国に行き、終戦後復員すると探偵として復帰する。その後、1973年に最後の事件「病院坂の首縊りの家」を解決するまで、多数の事件を解決している。(解決後、渡米している。横溝正史によると、1975年に帰国して余生を日本で過ごした、とされている。)

映像化作品も多く、映画では片岡千恵蔵、岡譲司、河津清三郎、池部良、高倉健、中尾彬、石坂浩二、渥美清、西田敏行、古谷一行、鹿賀丈史、豊川悦司たちが、TVドラマでは岡譲司、船山裕二、金内吉男、古谷一行、愛川欽也、小野寺昭、中井貴一、片岡鶴太郎、役所広司、上川隆也、稲垣吾郎たちが、舞台では並木瓶太郎、古谷一行、盛本健作、田村亮、野口聖員たちがそれぞれ金田一耕助を演じている。が、人気の高いのは古谷一行、石坂浩二といったところである。(古谷一行が演じたTVシリーズ「横溝正史シリーズ」(1977~1978年)が現在WOWOWで放送中なので、ご覧になるのもよろしいかと...)金田一耕助作品もホームズ同様に数多く、今後も新作が製作されていくのは疑う余地はないだろう。

尚、怪人さんにも「弟」がいるらしいので、こちらも「二世」を名乗って登場するのも近いでしょう。そうなると、ボームズと銀田一も、二世の再登場か、更なる弟が「三世」として登場するでしょうね。(柴田束志が出ている限りは「二世」でしょうけれども...)

 

 ↓おさらいはこれで

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/02/25
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX I

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/12/23
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX II

ケータイ刑事 銭形零 DVD-BOX II

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/01/27
  • メディア: DVD
ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD
 
↓ホームズ関係
シャーロック・ホームズの冒険 完全版 DVD-BOX

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2004/12/21
  • メディア: DVD
シャーロック・ホームズの冒険 [スタジオ・クラシック・シリーズ]

シャーロック・ホームズの冒険 [スタジオ・クラシック・シリーズ]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/12/16
  • メディア: DVD
コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史

コナン・ドイルの事件簿 DVD-BOX シャーロック・ホームズ誕生秘史

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD
シャーロック・ホームズ バスガヴィル家の犬

シャーロック・ホームズ バスガヴィル家の犬

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2002/04/25
  • メディア: DVD
新シャーロック・ホームズの冒険 DVD-BOX

新シャーロック・ホームズの冒険 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: デックスエンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD
ヤング・シャーロック ピラミッドの謎

ヤング・シャーロック ピラミッドの謎

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2007/10/26
  • メディア: DVD
 
↓金田一耕助関係
金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX

金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2006/11/23
  • メディア: DVD
金田一耕助TVシリーズ 不死蝶

金田一耕助TVシリーズ 不死蝶

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD
金田一耕助TVシリーズ 黒猫亭事件

金田一耕助TVシリーズ 黒猫亭事件

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD
病院坂の首縊りの家

病院坂の首縊りの家

  • 出版社/メーカー: 東宝ビデオ
  • 発売日: 2004/05/28
  • メディア: DVD
悪魔の手毬唄

悪魔の手毬唄

  • 出版社/メーカー: 東宝ビデオ
  • 発売日: 2004/05/28
  • メディア: DVD
金田一耕助シリーズ 悪魔の仮面

金田一耕助シリーズ 悪魔の仮面

  • 出版社/メーカー: TBSビデオ
  • 発売日: 2004/09/24
  • メディア: DVD
金田一耕助ファイル「迷路荘の惨劇」

金田一耕助ファイル「迷路荘の惨劇」

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: DVD
金田一耕助シリーズ 悪霊島

金田一耕助シリーズ 悪霊島

  • 出版社/メーカー: TBSビデオ
  • 発売日: 2004/09/24
  • メディア: DVD

「HIGHLANDER 2: THE QUICKENING」 [映画(洋画)]

表題の作品は1990年の映画ハイランダー2/甦る戦士」である。タイトルが示す通り、シリーズ第2弾である。前作にはなかった新たな設定を設け、近未来SFアクション作品としてタイトルのように甦った作品である。

作品データを記しておくと、時間は90分、原案はブライアン・クレメンスとウィリアム・パンザー、製作はピーター・S・デイヴィスとウィリアム・パンザー、製作総指揮はガイ・コリンズマリオ・ソテラ、監督はラッセル・マルケイ、脚本はピーター・ベルウッド、撮影はフィル・マックス、音楽はスチュワート・コープランドである。そして出演は、クリストファー・ランバート、ショーン・コネリー、マイケル・アイアンサイド、ヴァージニア・マドセン、ジョン・C・マッギンレー、アラン・リッチ、フィル・ブロック、ラスティ・シュウィマー、たちである。

ハイランダーの戦いで生き残ったマクラウドは今では人間として生きていた。1999年、オゾン層の壊滅的状態となった地球を救うために、オゾン層に替わる地球のシールドを開発に加わったマクラウドも今では65歳になった2024年、地球は昼も夜もなくなり、高温多湿になっていた。シールドを守る会社に反抗しようとしている一団があった。一方、惑星ザウスト(ハイランダーたちの故郷の星)から刺客が送り込まれ、マクラウドを襲った。が、刺客を倒したマクラウドはハイランダーとして甦った...

物語は、近未来SF作品ではよくある環境が変わった地球を舞台にして、支配する側に対して抵抗する者たちのバトルが描かれたありふれたものになってしまったが、冴えのあるアクションとSFXで見せてくれる作品である。ただ、本作で新たに設定された「ハイランダーは異星人」という設定によって、前作の持っていた雰囲気が大きく変わってしまったのはちょっと残念であるが、「人間離れ」した設定(首をはねられない限り不老不死でいられる)というのは、やっぱり地球の常識では考えられないということで「異星人」ということなんでしょうかねぇ~

 

ハイランダー2/甦る戦士 劇場公開版

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2002/09/26
  • メディア: DVD

↓前作はこちら

ハイランダー 悪魔の戦士

ハイランダー 悪魔の戦士

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2003/02/21
  • メディア: DVD


大根刑事#13 [アニメ]

BS朝日での第13話の物語は「大根刑事、青春の蹉跌と疾走!」(これは「ショート DE アニメ魂」の時には第11話として放送された物語です。)相変わらず、殉職したはずの刑事が出てくる辺りは構成の悪さが露呈しているのだが、各話はそれなりに面白いのだから、全体をしっかりと見通していたらもっと良くなるんですけどね...

夜、飲み屋で大根刑事が酒を飲みながらブツクサと言っている。「削れたり、ふられたり、腐ったり...流石に凹むぜ...」と嘆いていたら、ボスであるメロン刑事が語りかける。「いいんじゃないか、大根なんだし...」これに「俺は刑事です。ただの大根じゃない」と反発する大根刑事だったが、孤独を感じていた。で、メロン刑事が「気分転換に旅でもしてきたらどうだ」と勧めるのだった。

飲み屋を出て、千鳥足の大根刑事だったが、突然「京都、行こう」と思い立った。で、翌日、「京都」と書いた札を道路の道端で掲げてヒッチハイクをしていた。まもなく、一台のトラックが停まってくれて、乗せてもらった大根刑事は無事に京都に到着。観光を始める。(鹿苑寺、渡月橋、竜安寺、知恩院、南禅寺、京都御所、東寺、円山公園を訪れる。)

円山公園の坂本龍馬銅像の前にやってきた大根刑事に「何を悩んでいるぜよ、大根刑事?」と坂本龍馬像が語りかけてきた。龍馬は「熱き心を持った大根がいるって噂を耳にしたぜよ」ということで大根刑事のことを知っていたのだった。で、坂本龍馬像に「走れ、大根刑事。とにかく走るぜよ」と言われ、大根刑事はその夜、旅館で「竜馬がゆく」の本を読み始め、「俺は龍馬の生まれ変わりかもしれないぜ」と思った大根刑事は、翌日の朝、ある海岸にやってきた。(京都市周辺には海はないから、何処まで行ったんだ?)で、真っ赤に燃えて登ってくる朝日を見た大根刑事は「大根の夜明けだぜ」と口にすると、海岸を全力で走り出した。かつての熱い心を取り戻して走る大根刑事だったが、突然足を取られて転んでしまうと、そのまま波にさらわれて海に消えてしまった。

警視庁・ベジタブル課。ブラインド越しにメロン刑事が「波にさらわれて失踪しちまった...」と呟いていた...

京都観光をした大根刑事だけど、金閣寺(=鹿苑寺)には行ったのに、銀閣寺(=慈照寺)にはどうして行かないのでしょうかねぇ。それにこの順番だと、結構移動に無駄があります。(円山公園をラストにするとしても、一部の順番を入れ替えたら、もっと効率的に回れたのに...)

次回は第14話として「ショート DE アニメ魂」では12話として放送された「さらば愛しき大根刑事よ」が14話として放送されます。

 

↓大根刑事が読んでました。(劇中では単行本で読んでいたけど、文庫本の方が手軽ですし...)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: 文庫

竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)

竜馬がゆく〈8〉 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: 文庫
竜馬がゆく〈5 回天篇〉

単行本も一応...

竜馬がゆく〈5 回天篇〉

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1988/10
  • メディア: 単行本
↓こういうので下調べをしておいたら良かったのに...
るるぶたびちょこ京都―小さいくせに京都観光はこの一冊で完璧! (JTBのMOOK)

るるぶたびちょこ京都―小さいくせに京都観光はこの一冊で完璧! (JTBのMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: JTBパブリッシング
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: ムック
京都・観光文化時代MAP (Time Trip Map-現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図-)

京都・観光文化時代MAP (Time Trip Map-現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図-)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光村推古書院
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 大型本
 
↓そういえばこういう検定があります。
京都・観光文化検定試験公式テキストブック

京都・観光文化検定試験公式テキストブック

  • 作者: 森谷 尅久
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本
京都・観光文化検定試験公式テキストブック

京都・観光文化検定試験公式テキストブック

  • 作者: 森谷 尅久
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 単行本

JAMES BROWN『GRAVITY』 [音楽(洋楽)]

表題のアルバムは1986年に発表されたアルバムである。(もう、何枚目になるのか、とにかくたくさんアルバムを出しています。)が、本アルバムは彼のキャリアの中でもちょっと意味深いアルバムである。というのは、まずはコード会社をスコッチ・ブラザーズに移籍しての第1弾であるということ、そして、'80'sという時代に入り、これまでの時代と比べて低迷するようになっていたが、映画ロッキー4」で使われた『Living In America』のヒットでJBここにあり、という存在感を見せつけて、大復活を果たすことになったアルバムである。とにかく、かつてのJB流のファンクが'80'sと言う時代でも通用して健在ぶりをアピールすることになった。

収録曲は以下の全8曲である。『Gravity』『Let's Get Personal』『How Do You Stop』『Turn Me Loose, I'm Dr. Feel Good』『Living In America』『Goliath』『Repeat The Beat (Faith)』『Return To Me』。

この中から、『Living In America』は大ヒットを記録して、1986年のBillboard年間シングルチャートで65位にランクインしており、レギュラー・チャートでは最高位4位を記録している。

本アルバムからは何と言っても『Living In America』である。圧倒的な迫力のシャウトによるエネルギッシュなボーカルは、往年の輝きを取り戻すどころか、'80'sのJB伝説として歴史に残るものである。(勿論、映画「ロッキー4」で彼のパフォーマンスもじっくりと見てもらいたい所である。)それ以外の曲でも迫力あるボーカルとノリノリのファンク・ミュージックをたっぷりと聴かせてくれる。筆者のお薦め曲としては、『Gravity』『Let's Get Personal』『Turn Me Loose, I'm Dr. Feel Good』『Goliath』という所をピックアップしておくが、『Living In America』は別格ということで、お薦め曲としては特に記さないが、この曲は「お薦め曲」として記す必要がない'80'sを代表する一曲である。

とにかく、'80'sサウンドがお好きな方には、本アルバムは絶対に聴いておかなければならないアルバムであり、楽しみながら聴きましょう!!

 

Gravity

Gravity

  • アーティスト: James Brown
  • 出版社/メーカー: Zomba
  • 発売日: 1991/03/12
  • メディア: CD


HIGHLANDER(SCORE(SOUNDTRACK)) [音楽(サントラ)]

この作品は、首をはねられない限りは不老不死である一族に伝わる伝説を巡ってのバトルを描いたSFアクション作品であり、劇場版が4作とTVシリーズが製作されている。(劇場版の第4作は、日本では劇場未公開である。)このシリーズのオリジナル・スコアがあると言うことなので、今回はそれをピックアップします。

そのスコアは1995年にリリースされたと言うことなので、その時点では劇場版3作(1986年、1990年、1994年)とTVシリーズ6本が製作されていた。(劇場版の第4作は2000年の作品である。)よって、スコアの方の収録は劇場版第3作までである。

収録曲は以下の全16曲である。『The Highlander Theme』『Rachel's Surprise / Who Wants To Live Forever』『The Quickening』『Swordfight At 34th Street』『Under The Garden / The Prize』『Finger Dip』『Rebel Troops』『Dam Raid』『White Cloud』『Mac Absorbs Reno』『Shield Shatters / Alan Dies』『Love Theme / Shrine Fight』『Massacre (The Beginning)』『Laundry Room / Quickening 2』『Revolution』『Final Battle / Quickening 3 / Epilogue』。

重厚な音楽が重みのあるサウンドを展開してくれていて、なかなか良いものである。また、シリーズ3作を通した音楽(スコア)が一遍に堪能できるというのはありがたい所である。

今回はその中からシリーズ第1作である1986年の映画「ハイランダー」を取り上げる。作品データを記しておくと、時間は111分、原作はグレゴリー・ワイデン、製作はピーター・S・デイヴィスとウィリアム・N・パンザー、監督はラッセル・マルケイ、脚本はグレゴリー・ワイデン、ピーター・ベルウッド、ラリー・ファーガソンの3人、撮影はジェリー・フィッシャー、音楽はマイケル・ケイメンとクイーンである。そして出演は、クリストファー・ランバート、ショーン・コネリー、クランシー・ブラウン、ロクサーヌ・ハート、ビーティ・エドニー、アラン・ノース、シーラ・ギッシュ、ジョン・ポリト、ヒュー・クァーシー、クリストファー・マルコム、ピーター・ダイアモンド、たちである。

物語は、首をはねられない限り死なない一族の間に伝わる伝説、最後に生き残った者にだけ授けられる究極の力を巡って、時空を越えて原題と中性のイギリスを舞台にして、壮絶なバトルが始まる。

多少、安っぽい作りだと感じさせられる所があるものの、C.ランバートとS.コネリーのアクションはなかなか見せてくれる。それにしても、劇場版が4本とTVシリーズが製作されるシリーズになろうしは思わなかった作品です。

 

Highlander: The Original Scores

Highlander: The Original Scores

  • アーティスト: Various Artists
  • 出版社/メーカー: Edeltone/Koch
  • 発売日: 1995/02/21
  • メディア: CD

↓映画DVDはこちら(順に、劇場版の第1作から第4作です。)

ハイランダー 悪魔の戦士

ハイランダー 悪魔の戦士

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 1999/03/25
  • メディア: DVD

ハイランダー2/甦る戦士 劇場公開版

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2002/09/26
  • メディア: DVD

ハイランダー3 超戦士大決戦

ハイランダー3 超戦士大決戦

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • 発売日: 2001/06/22
  • メディア: DVD

ハイランダー 最終戦士

ハイランダー 最終戦士

  • 出版社/メーカー: アスミック
  • 発売日: 2004/03/26
  • メディア: DVD


「HIGH ANXIETY」 [映画(洋画)]

表題の作品は1977年の映画メルブルックス/新サイコ」である。コメディ映画やパロディ映画を得意とするメル・ブルックスであるが、本作はヒッチコック監督の一連のサスペンス作品をパロディにした作品である。が、単なるパロディ映画ではなくねアメリカの医学界に対する批判や性問題などテーマにした作品でもある。ヒッチコック監督の有名な作品のパロディは、映画ファンであれば色々と気がつくでしょうね。(いくつ分かるかということで、映画マニア度も分かる作品でもある。)が、ヒッチコック作品を知らなくても、色々と笑わせてくれるのは言うまでもない。

作品データを記しておくと、時間は98分、製作と監督はメル・ブルックス、脚本はメル・ブルックス、ロン・クラーク、ルディ・デルカ、バリー・レヴィンソンの4人、撮影はポール・ローマン、音楽はジョン・モリスである。そして出演は、メル・ブルックス、マデリーン・カーン、クロリス・リーチマン、ディック・ヴァン・パタン、ハーヴェイ・コーマン、ロン・ケアリー、ハワード・モリス、マーフィ・ダン、ジャック・ライリー、チャーリー・カラス、バリー・レヴィンソン、たちである。(バリー・レヴィンソンは後に「レインマン」の監督をする彼である。)

物語は、ある精神病療養所を舞台に、陰謀を企む悪徳医師に立ち向かっていく男の姿を描いた物語である。(随所にヒッチコック監督作品のネタが降られているが、基本にあるのはタイトルにある「サイコ」ではなくて「めまい」と「北北西に進路を取れ」である。)

精神病の権威であるハーバート大学のソーンダイク教授は、重症精神病研究所のアシュリー博士が急死したために、その後任所長として赴任することになり、赴任してくる。彼を迎えにやってきたお抱え運転手のブロフィは、車中で、アシュリー博士は何者かに殺された、とソーンダイクに打ち明ける。そんな中で療養所に到着すると、現在所長代理を務めているモンタギュー(彼は変態男で、しかも高額な入院料を払っている患者に対しては、入院を長びかせるためにあらゆる手だてを尽くしていた)と、無愛想な婦長・ディーゼルがソーンダイクを迎えた。また彼は、現在療養所の顧問であり、恩師のリロルマン教授と再会を果たす。リロルマン教授はソーンダイクが高所恐怖症であることを知ると、早速その治療にとりかかる。そんな中、療養所内に凶暴な患者を収容する病棟があり、そこにブリスベーンという実業家が全快しているにも関わらず、不当な利益をあげようとするディーゼルたちによって狂人扱いされていることが分かったが...

結末は、ハッピーエンドで「めでたしめでたし」というありふれたものであるが、中盤以降は犯人の容疑が掛けられたソーンダイクが真相を暴こうとして悪者一味に立ち向かっていくというサスペンス仕立ての物語となるが、そうなるとヒッチコック作品のパロディの方も力が入ってくるのがメル・ブルックスらしいところである。

1度目は物語の筋を追っていくとして、2度目、3度目では散りばめられたパロディのネタ探しをするという楽しみ方が出来るということで、数回は見てもらいたい作品である。で、いくつネタが分かったかをチェックして、次にはその元ネタ作品の方も堪能してもらいたい所である。(パロディ映画というのは、元ネタを捜すとなると広い知識が必要となるが、それを捜すのがまた楽しい所である。→映画初心者には向かない。初心者は笑いを楽しみましょう。)

 

メル・ブルックス/新サイコ

メル・ブルックス/新サイコ

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/09/29
  • メディア: DVD


今週(9/27)のBS-i「アニメ枠」の収穫 [BS-TBS(BS-i)関連]

地上波よりも遅れて放送されているBS-i木曜深夜のアニメであるが、現在の2本は10/11深夜の放送で終了となる。そして10/18は1時間枠で「ひだまりスケッチ特別編」が放送される。(少し前からこのDVDの宣伝が流れているが、そういうことだったんですね...)で、10/25からは「逮捕しちゃうぞ フルスロットル」と「CLANNAD」になります。→番組が変わっても、やはり途中のCM内容が大きく変わることはないので、CM目的とするには確実な枠であることは変わらないでしょうし、筆者は録画予約は解除しません。(アニメ本編の方はどうでもいいのも変わらない...)

また、9月もいよいよ終わりということで、10月からの新番組の宣伝(地上波を含む)が結構流れているが、今回は「おお振り」が始まる前に「3年B組金八先生」の予告が流れていた。ということで、生徒の顔をチェックしてみたら、草刈正雄さんの娘・麻有ちゃん、ちゃんと映っていましたね。(→出演しているのだったら当然でしょうけど...)まもなく公開される映画「0093 女王陛下の草刈正雄」も楽しみです。また、草刈さんの娘さんということで、やっぱり将来のケータイ刑事候補の一人と考えて良いのでしょうか?(でも、高村さんとのコンビというのは本人が嫌がって実現しないかも...?)

今週は、「おお振り」の中で「銭形海」の次回予告(ついに1st.の最後となります。27秒バージョン)があったが、あとはいつものものでした。ただ、終わりが近いと言うことなのか、「おお振り」のDVDの宣伝がこの放送の中で2回もありました。

「怪物王女」になると、日曜朝の再放送の「銭形雷」の次回予告がありましたが、今度は「怪人5面相」ということで、「1st.シリーズ」も大詰めが近づいてきました。(この後、ひょっこりひょう多もん島の前後編で1st.は終わりです。)それ以外はいつもの通りでしたが、こちらでも「怪物王女」のDVDの宣伝があって、「おお振り」の中でもあったので、トータルで2回流れたが、やはり終わりが近いから売り込みも今の内にと頑張っているということなんでしょうね。

それ以外で目立ったのは、地上波での番組宣伝が目立ったということがある。今回は「おお振り」終了後がそうなっていました。系列局だから別に悪いとは言わないが、宣伝をするのなら、BS-iでもON AIRしてもらいたいところである。(一応、地上波とは別の時間帯を希望する。)何せ、BSデジタルは「テレビショッピング」が多いので、1時間枠のドラマの放送もスポンサーさえつけばいくらでもできるでしょうし、BSデジタルの方が地デジよりも高画質ですし...

今週の「収穫」と言えるのは、「金八先生」で麻有ちゃんを確認できたことですね。(最近は「銭形海」のスポンサーのロゴ無し予告は日曜朝の「iしたい。」でゲットしている筆者です。(また、放送当日の「本日」バージョンも狙っています。))

 

↓再放送も、まもなく「1st.シリーズ」は終了です。

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 2

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2007/01/26
  • メディア: DVD

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

ケータイ刑事 銭形雷 DVD-BOX 1

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: DVD

↓一応これらをピックアップしておきます。

おおきく振りかぶって(4)

おおきく振りかぶって(4)

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2007/09/26
  • メディア: DVD

おおきく振りかぶって 5

おおきく振りかぶって 5

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: DVD
おおきく振りかぶって Vol.6 【完全生産限定版】

おおきく振りかぶって Vol.6 【完全生産限定版】

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2007/11/28
  • メディア: DVD
怪物王女 vol. 1 通常版

怪物王女 vol. 1 通常版

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2007/10/11
  • メディア: DVD
怪物王女 vol. 2

怪物王女 vol. 2

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2007/11/08
  • メディア: DVD
怪物王女 vol. 3

怪物王女 vol. 3

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日: 2007/11/08
  • メディア: DVD

↓10/18に放送されます。

ひだまりスケッチ 特別編 【完全生産限定版】

ひだまりスケッチ 特別編 【完全生産限定版】

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: DVD

ひだまりスケッチ 特別編 【通常版】

ひだまりスケッチ 特別編 【通常版】

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: DVD

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。