So-net無料ブログ作成
検索選択

新生・ドラえもんの第一回 [アニメ]

1時間枠でスペシャルとして、満を持しての登場となった新生・ドラえもん。これまで26年間もの長きにわたって放送されてきた「ドラえもん」があるため、ついついそれと比べてしまう。(これは仕方のないことなのだろうけど...)

主要5人以外にも、ママやパパの声まで変わっていたので、こうなると「仮面ライダー響鬼」ではないが、「完全新生」と謳ってもいいのではないか。(いずれ出てくるであろう、ドラミちゃんの声が気になる...)主題歌もインストになったことだから、「響鬼」をライバルとしたら面白い位置づけになりそうである。

で、のび太、ジャイアン、スネ夫に関しては今までの聞き慣れた声からかけ離れたものではなかったが、しずかちゃんとドラちゃんについてはちょっと... と感じられた。しずかちゃんは本当に小学生?と思えるようで、中学生か高校生ぐらいの大人的感じがした。(まあ、少しすると慣れるだろう。)ドラちゃんは声が高くなり、以前のドラえもんが1号としたら、2号になったという感じがした。(ロゴの「ド」の点々がニコニコ目玉に変わっているということで、ドラえもん2号になったと思うのがいいように思う。奇しくも、「仮面ライダー」もタイトルは変わらずに2クール目から主役が1号から2号になったことですから...)

しかし、以前のキャストの声が頭にあるからこそ感じた違和感であるが、これは人気長寿作品ならではの贅沢な悩みである。絵の雰囲気といい、CGを取り入れた描写などにより、これまでとは違う作品(延長線上にはある)として捉えれば、悪くはない。お子様たちにとったら、しばらくは「あれっ?」ってことになるだろうが、一、二ヶ月もすれば元に戻るのじゃないかと思う。

新キャストの皆さんにはプレッシャーがあるだろうけど、新たな世界を作るということで頑張ってもらいたい。(が、来週以降、毎回見るかどうかは分からない...)



共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。